櫻澤博文

メンタル不調者のための
復職・セルフケアガイドブック

A5判 200頁 定価(本体1,800円+税) 2016年11月刊



 
 

ISBN978-4-7724-1520-0

 現在わが国では,メンタル不調で入院・通院している患者は推定50万人と言われ,現在職場復帰できない休業者の割合が3割を超えている企業が半分もあるという事実が確認されている。そしてさまざまな理由から自死を選ぶ人はおよそ年間3万人に達している。
 本書には,メンタル不調で休職していた社員が安定した就労ができるように,段階的な復職訓練や休職中の過ごし方,メンタル不調を予防するための知見から医師・会社の管理者との接し方といった実践的な対応の仕方が数多く解説されている。
 著者は,「労働衛生コンサルタント」資格を持つ医師であり,精神疾患で休職した労働者が着実に仕事へ復帰できるためのプロフェッショナルサービスを多くの企業で提供した実績を持つ。休職・復職で悩む当事者と家族,企業の人事労務担当者産業カウンセラー,精神科医,心理士,精神保健福祉士等のためのセルフケアガイドブックである。

おもな目次

□第T部 メンタル不調の基礎知識

  • 第1章 主な症状と病名,原因について
  • 第2章 ストレスとの関係

□第U部 “うつ”をこじらせない工夫

  • 第3章 要支援者への支援導入
  • 第4章 休学・休業に入ったら
  • 第5章 睡眠時間が安定してきたら
  • 第6章 午後からの外出が出来るようになってきたら
  • 第7章 午前中からも外出が出来るようになってきたら
  • 第8章 模擬登校・出社が出来るようになってきたら
  • 第9章 復帰可能と主治医から判断されたら

□第V部 メンタル不調の予防編

  • 第10章 “うつ”に“ならない”工夫 −ABC−
  • 第11章 “うつ”を“出さない”工夫 −DEF−
  • 第12章 支援者教育のあり方 − 3Gとは−
  • 第13章 ストレス解消に効果ある健康増進支援 −I− 

□第W部 疾患別対応編

  • 第14章 疾患鑑別法と効果的な投薬治療
  • 第15章 発達障碍
  • 第16章 不安障碍

□付録:読者特典