101 Things I Wish I'd Known When I Started Using Hypnosis

ダブニー・ユーウィン著/福井義一訳

催眠をはじめるときに知っておきたかった101のこと

四六判 240頁 定価(本体2,600円+税) 2016年10月刊


 
 

ISBN978-4-7724-1526-2

 臨床催眠家ダブニー・ユーウィンが日常臨床のなかで書き留めて厳選した、初学者にもベテランにも役立つ「知恵と技能の宝石箱101」。
 「最初の誘導はダブルバインドで」「インテークの質問はGoogleみたいなもの」「一度に一つの質問」「笑いは免疫を強くする」「患者さん自身の言葉を使う」など,催眠テクニックがぐっと上達するヒントが満載。
 効果的な暗示のための言葉選びやベテラン催眠家だけが知るとっておきのテクニックまで,催眠を学ぶときには絶対に知っておきたい催眠実践ガイド!

おもな目次

単語編

  • 1 〜のように思える ....... 026
  • 2 まだ ....... 027
  • 3 とめる やめる代わりに ....... 029
  • 4 ギブ・アップ ....... 031
  • 5 がんばる ....... 033
  • 6 感じる(feel) ....... 035
  • 7 感じがする(sense) ....... 036
  • 8 煩わせる ....... 037
  • 9 普通 ....... 038
  • 10 直す・修繕する(Fix) ....... 039
  • 11 焼けつく ....... 040
  • 12 困り事 ....... 041
  • 13 空想にふける(vs想像する) ....... 043
  • 14 大切 ....... 045
  • 15 安全 ....... 046

禁煙編

  • 16 やめる ....... 050
  • 17 私は喫煙者です ....... 052
  • 18 元喫煙者 ....... 054
  • 19 非喫煙者 ....... 055
  • 20 ちょっとしたしくじり(ぶり返しではなく) ....... 056
  • 21 否定的な暗示 ....... 058
  • 22 不可能 ....... 060
  • 23 嗜癖 ....... 061
  • 24 最初の訪問時の誘導 ....... 063
  • 25 喫煙行動を維持する3つの問題 ....... 065
  • 26 喫煙者は医師に嘘をつきます ....... 069

痛み編

  • 27 患者さんに言っていることを信じなくてはなりません ....... 072
  • 28 あなたが必要なだけの快適さを手に入れるでしょう ....... 074
  • 29 耐えられる ....... 075
  • 30 いったんできることやするべきことがすべて果たされたなら、痛みにはいかなる価値もありません ....... 076
  • 31 炎症性の痛み ....... 078
  • 32 持続性の痛み ....... 080
  • 33 筋痙攣性の痛み ....... 082

技術編

  • 34 満タンの膀胱 ....... 086
  • 35 誘導 ....... 087
  • 36 最初の誘導はダブルバインドで ....... 091
  • 37 インテークの質問はGoogleみたいなもの間違った検索語を入れると役立たずな答えが返ってくる ....... 093
  • 38 患者さんの名前は情緒を帯びています ....... 095
  • 39 インテークの最後の質問の重要性 ....... 097
  • 40 一度に一つの問題 ....... 099
  • 41 起毛テスト ....... 100
  • 42 長時間治療の価値 ....... 101
  • 43 年齢退行から実際の日付に戻る ....... 102
  • 44 健忘は無痛のテストです ....... 103
  • 45 潜在意識の問題を意識化する ....... 104
  • 46 患者さんに自分なりの洗脳をさせてあげる ....... 106
  • 47 笑いは免疫を強くする ....... 109
  • 48 笑いの国 ....... 111
  • 49 患者さん自身の言葉を使う ....... 113
  • 50 あなたは私のために祈り、私はあなたのために祈るのです ....... 114
  • 51 何かが私を煩わせたら、患者さんもかき乱されるでしょう ....... 117
  • 52 指の信号は患者さんがもっと真の感情に気づくようにします ....... 119
  • 53 つねに期限を追加する ....... 121
  • 54 入院前の暗示 ....... 123
  • 55 具体的な質問は、しばしば間接暗示のように作用します ....... 126
  • 56 広範囲な覚醒暗示を使って暗示に対する遅延反応を避けましょう ....... 127

何でも知恵袋

  • 57 左右脳機能にノーベル賞を ....... 130
  • 58 左と右はタイトルと絵柄です ....... 133
  • 59 解離は連合を要求する ....... 134
  • 60 固定観念(ピエール・ジャネのidee fixe) ....... 135
  • 61 強い情動は人を覚醒暗示に対して脆弱にします ....... 136
  • 62 クーエの法則 ....... 139
  • 63 悲観的な解釈の法則 ....... 143
  • 64 知覚された現実の法則 ....... 145
  • 65 催眠深度の法則 ....... 148
  • 66 「夢は無意識に至る王道です」 ....... 149
  • 67 人生の最初の3年間 ....... 150
  • 68 既往歴 ....... 152
  • 69 振り子や観念運動信号を用いた自己分析 ....... 154
  • 70 自己退行 ....... 157
  • 71 症状は解決である ....... 158
  • 72 標的器官 ....... 159
  • 73 トランス論理 ....... 161
  • 74 巨人の島の小人 ....... 162
  • 75 偏頭痛と低血糖 ....... 164
  • 76 帯状疱疹とビタミンB ....... 166
  • 77 いぼ、温かいか涼しいかちくちくするか ....... 168
  • 78 自分自身を治療する ....... 171
  • 79 「この世で最上の医者は、食養生博士・安静博士・快活博士である」 ジョナサン・スウィフト....... 173
  • 80 笑いセラピー ....... 176
  • 81 麻酔下で聞こえること ....... 178
  • 82 アドレナリン(エピネフリン)は記憶を固定する ....... 181
  • 83 緊急事態ではラポールは一切不要 ....... 183
  • 84 「今やっていることを続けなさい」という最も簡単な暗示 ....... 186
  • 85 最上の暗示は10語かそれ以下 ....... 188
  • 86 ETKTM(人類に知られているありとあらゆるテスト) ....... 191
  • 87 失敗で頭に来ないように ウィリアム・クロージャー ....... 194
  • 88 火傷は2つの部分からなります ....... 196
  • 89 手術のたとえ話 ....... 199
  • 90 手術のインフォームド・コンセント ....... 201
  • 91 私たちは情動を身体で体験します ....... 204
  • 92 録音と自己催眠 ....... 205
  • 93 後催眠の三大要素 ....... 206
  • 94 潜在意識のこころの任務は有機体を保護することです ....... 208
  • 95 コルチゾンや抗ヒスタミンに対する反応 ....... 209
  • 96 催眠感受性は観念運動信号法の足かせになりません ....... 210
  • 97 催眠下の直接暗示と催眠分析 ....... 211
  • 98 閉眼アイ・ロール誘導 ....... 213
  • 99 私は話したいんです ....... 215
  • 100 スピリチュアリティ ....... 217
  • 101 脳震盪後症候群 ....... 219