Bipolar Disorder:A famiy-focused treatment approach

D・J・ミクロウィッツ著/三村 將・大野 裕監訳/中川敦夫訳

双極性障害の家族焦点化療法

A5判 380頁 定価(本体6,500円+税) 2017年2月刊


 
 

ISBN978-4-7724-1536-1

双極性障害の治療は、薬物療法だけでなく、患者の家族や社会的な人間関係の観点にも考慮しなければならない。そうした考えから開発された家族焦点化療法(Family Focused Therapy:FFT)という心理教育的介入法について、本書では@この治療の開発を進めた研究と臨床の背景について、A評価の実施法、心理教育、コミュニケーション・トレーニング、問題解決モジュールの実施に関するマニュアルについて、の2つの面に分けて解説する。

おもな目次

第T部 双極性障害患者とその家族―臨床と研究の背景

  • 第1章 双極性障害―なぜ家族療法か?
  • 第2章 双極性障害の特徴と家族への影響
  • 第3章 家族・社会的要因と双極性障害の経過

第U部 家族療法の実践

  • 第4章 初回面接の計画
  • 第5章 機能の評価
  • 第6章 家族心理教育―初回セッション
  • 第7章 家族心理教育―病因,治療,そして自己管理
  • 第8章 家族心理教育―抵抗を扱う
  • 第9章 コミュニケーション・トレーニング―理論的背景と作用機序
  • 第10章 コミュニケーション・トレーニング―臨床上の問題
  • 第11章 家族の問題への対処
  • 第12章 家族療法における危機管理
  • 第13章 終結

文献
索引