大谷 彰著

マインドフルネス実践講義
マインドフルネス段階的トラウマセラピー(MB-POTT)

A5判 184頁 定価(本体2,800円+税) 2017年5月刊


 
 

ISBN978-4-7724-1555-2

 「マインドフルネスの難しい専門用語がわからない」「マインドフルネスをセラピーやセルフケアにどう取り入れたらいいかわからない」という声にこたえて,好評『マインドフルネス入門講義』の続篇が,マインドフルネスを使いこなすための理論と方法をガイドする実践篇として刊行。
 対象は,フラッシュバックや身体症状など不可解な現象をもたらすトラウマ=PTSD。トラウマからの回復という孤独な長距離走を,「安全基地(secure base)」としてのセラピストと共に走り抜き,サバイバーとして日常を生きるために,マインドフルネスにはいったい何ができるのか?
 「PTSD症状安定」「トラウマ統合」「日常生活の安定」「ポスト・トラウマ成長」という4段階プロセスを通じて,フラッシュバックや身体症状など不可解な現象をもたらすトラウマからの回復を,マインドフルにケアするための理論と方法を学ぼう!
 ビギナーセラピストやベテランセラピスト,そしてセルフケアにトライしてみたい当事者にとっても役に立つ,「マインドフルネス段階的トラウマセラピー」(MB-POTT)が学べる最良の実践ガイド!

おもな目次

01−マインドフルネスとは何か
02−トラウマの本質と諸相
03−トラウマ治療の原則
04−MB-POTTの第1段階(1):PTSD症状安定の理論と概要
05−MB-POTTの第1段階(2):PTSD症状安定のためのマインドフルネステクニック
06−MB-POTTの第2段階(1):トラウマ統合―明確な記憶に対処するマインドフルネステクニック
07−MB-POTTの第2段階(2):トラウマ統合―断片化された記憶に対処するマインドフルネステクニック
08−MB-POTTの第3段階:日常生活の安定
09−MB-POTTの第4段階:ポスト・トラウマ成長
10−終章