中村美奈子著

復職支援ハンドブック
休職を成長につなげよう

A5判 120頁 定価(本体2,400円+税) 2017年11月刊


 
 

ISBN978-4-7724-1592-7

 復職支援に関するこれまでの本は,医療リワーク施設の概要を紹介したり,人事担当者向けの手続きの流れを紹介するもの,リワークの中での認知行動療法の使い方を解説する,という本が中心だった。
 それに対して,本書では,「Bio(セルフマネジメント機能)-Psycho(心理的機能)-Social(社会的機能)-Vocational(職業的機能)」の視点から,体調管理・自己理解・コミュニケーション・業務遂行能力といった,働くのに必要な能力をつけるための具体的なリワークプログラムを,復職へ向かうステップ全体を俯瞰しながら提示している。
 まずは復職を目指すために考えなければならない項目は何か?をはっきりさせ,復職に向かって自分で実践できるプログラムなので,休職者の本人も,周りでサポートをする方にも読んでいただきたい一冊である。

おもな目次

はじめに

第1章 復職を目指す

  • T 復職までのステップ
  • U 働くための能力を回復する「Bio-Psycho-Social-Vocational」モデル

第2章 リワークプログラム@ プログラムを始める

  • T リワークプログラムを始める前に確認すること
  • U 現状把握と休職原因の分析
  • V 復職要件を確認する
  • W 復職計画を立てる

第3章 リワークプログラムA 「ComPs-CBT」による自己理解と再発予防

  • T 休職原因に関わる認知行動パターン
  • U 認知行動パターンの分析
  • V 「自分のシステム図」を書く
  • W 再発予防策の検討
  • X 「ComPs-CBT」の注意点

第4章 リワークプログラムB コミュニケーションと問題解決

  • T 業務遂行や問題解決のためのコミュニケーション
  • U コミュニケーションによるPDCAサイクル
  • V 「対人関係図」で対人関係をコントロールする
  • W 相談マネジメント図

第5章 リワークプログラムC 働く感覚を取り戻す

  • T 組織で働く:チームワークと役割行動
  • U リワーク施設で行う「マルチタスクプログラム」とは
  • V 「マルチタスクプログラム」の実施方法
  • W 「マルチタスクプログラム」の有効性
  • X 「マルチタスクプログラム」の注意点
  • Y 個人で行う「マルチタスクプログラム」:「ひとりマルチタスクプログラム」実施例

第6章 リワークプログラムD 復職準備の総仕上げ

  • T 復職面談の準備
  • U 「リワーク活動報告書」の作成

第7章 事例

  • T うつ病による休職者の事例
  • U パーソナリティ障害が疑われた適応障害による休職者の事例
  • V 発達障害の傾向がある身体表現性障害による休職者の事例

文献
さいごに