Positive Psychiatry:A Clinical Handbook

ディリップ・V・ジェステ,バートン・W・パルマー著/大野 裕,三村 將監訳/日本ポジティブサイコロジー医学会監修

ポジティブ精神医学

A5判 380頁 定価(本体8,000円+税) 2018年7月刊



ISBN978-4-7724-1632-0

 ポジティブ精神医学の支柱は、ポジティブな感情(Positive Emotion)、エンゲージメント(Engagement)、良い関係(Good Relationships)、意味(Meaning)、(達成(Accomplishment)を追求する、というPERMAモデルである。
 上記の介入を行いながら、ウェルビーイングを目指すものであるが、ウェルビーイングは主観に基づくものであり、全貌がよくわからない。本書では、客観的に測定可能な結果(死亡率が減り寿命が延びるなど)を裏付け、精神医学の実践、教育、および研究の中心的構成要素になることを目指す。

序文

  • 第1章 はじめに:ポジティブ精神医学とは何か

第1部 ポジティブな心理社会的要因

  • 第2章 ポジティブな心理学的特性
  • 第3章 レジリエンスとトラウマ後成長
  • 第4章 ポジティブ社会精神医学

第2部 ポジティブな成果

  • 第5章 精神疾患におけるリカバリー
  • 第6章 ウェルビーイングとは何か?
  • 第7章 ポジティブメンタルヘルスの臨床評価
  • 第3部 ポジティブ精神医学における治療介入
  • 第8章 ポジティブ精神療法と行動療法的治療介入
  • 第9章 支持的療法と精神力動的療法におけるポジティビティ
  • 第10章 補完的および代替的,統合的な医学的介入
  • 第11章 予防的介入
  • 第12章 ポジティブ精神医学の臨床実践への統合

第4部 ポジティブ精神医学における特別なトピックス

  • 第13章 ポジティブ精神医学の生物学
  • 第14章 ポジティブ児童精神医学
  • 第15章 ポジティブ老年精神医学および文化精神医学
  • 第16章 ポジティブ精神医学の生命倫理