Assessment and Intervention Third edition

モニカ・マクゴールドリック,ランディ・ガーソン,スエリ・ペトリー著 渋沢田鶴子監訳/青木 聡,大西真美,藪垣 将訳

ジェノグラム
家族のアセスメントと介入

B5判 350頁 定価(本体4,800円+税) 2018年8月刊



ISBN978-4-7724-1648-1

 「ジェノグラム」は,家族の歴史と構造がもたらす強力な「事実の力」を記録し図解するための基本フォーマットである。家族構成とライフサイクル,そして家族が遭遇するさまざまな出来事が形成する時間的・空間的な構造は,世代を超えて家族メンバーの機能に影響を及ぼし,ときに個々人を追いつめる。そのため,家族の歴史と家族から広がる関係のネットワークをシステムとして理解し,パターンを発見し,家族と共有することは臨床家の必須技能といえる。
 多くの著名人の家系をサンプルに,典型的な家族の構造と機能をグラフィカルに検討し,必要な情報の収集,解釈・仮説設定の方法を示す本書は,あらゆる臨床において実施されるべき家族アセスメントと,そこから導かれる介入の指針となる基本テキストである。

おもな目次

1 ジェノグラム―家族システムを図式化する
2 ジェノグラムを作成する
3 ジェノグラム・インタビュー
4 時間と空間のなかの家族のパターンを辿る
5 家族の構造を理解する
6 家族のパターンと機能をアセスメントする
7 関係のパターンと三角関係
8 ライフサイクルを通じて個人と家族を辿る
9 ジェノグラムの臨床的使用
10 ファミリープレイ・ジェノグラム
11 家族研究におけるジェノグラムの使用

関連書