松井知子,市川佳居編

職場ではぐくむレジリエンス
働き方を変える15のポイント

A5判 244頁 定価(本体3,000円+税) 2019年2月刊




ISBN978-4-7724-1678-8

 「レジリエンス」とは,「しなやかな心」という意味を持ち,挫折や困難な状況,トラウマなどを経験した後に,元の状態まで回復すること,さらにその経験を通して一層人間として成長し,より健康で生産的な状態になれる能力やスキルのことを指す。現代のストレス社会を生き抜くために,働く人に必要なスキルこそ「レジリエンス」ではないだろうか?
 本書では,毎日いきいきと健康に働き続けるために,職場という環境の中でどのようにレジリエンスをはぐくむべきか,その理論から実践までを,働き方改革,健康経営,ストレスチェックなど15の視点から,産業保健を含むさまざまな分野の第一人者たちが解説。また国内だけでなく,ロンドン五輪を成功に導いたロンドン交通局職員のレジリエンスを高めた事例や,欧州の多様な働き方とウェルビーイングに関する調査など,海外からのヒントも盛り込んだ職場のレジリエンス育成に必須の一冊!

おもな目次

まえがき (市川佳居)

第T部 総論

  • 第1章 レジリエンスとは (市川佳居)
  • 第2章 レジリエンス―心と身体のつながり (松井知子)
  • 第3章 働き方改革とメンタルヘルス (松井知子・市川佳居)
  • 第4章 ワーク・エンゲイジメントとレジリエンス (島津明人・外山浩之)
  • 第5章 健康経営による組織のレジリエンス向上 (森 晃爾)

第U部 職場とレジリエンス

  • 第6章 ストレスチェックとレジリエンス―職場の集団分析を行ってみて (宮中大介)
  • 第7章 心理的柔軟性とレジリエンス―第三世代認知行動療法(アクセプタンス・コミットメントセラピー)の視点から (小林絵理子)
  • 第8章 折れないリーダーシップ,感情ケアというアプローチ (下園壮太)
  • 第9章 ワークライフとレジリエンス―女性活躍推進,介護・育児支援などを行うことがレジリエンス向上にどうつながるか,そのような施策はあるか (湯佐真由美)
  • 第10章 職場のメンタルレスキューとレジリエンス (西川あゆみ)
  • 第11章 両立支援とレジリエンス (小山文彦)
  • 第12章 上司のリーダーシップと部下のレジリエンス (阿久津 聡・勝村史昭)

第V部 海外におけるレジリエンス

  • 第13章 レジリエンスの高い文化の枠組みの発展に向けて―2つの事例(ロンドンオリンピック・パラリンピックプロジェクト,デュポン社による職場の感情プログラム:ICU)より (Emerald Jane Turner)
  • 第14章 欧州労働環境・条件に関する調査における労働の質測定について (Jorge Cabrita)
  • 第15章 レジリエンスとポジティブ心理学 (市川佳居)

付録 レジリエンスの測定ツールの紹介―16の測定法

あとがき (松井知子)