藤岡淳子編著

治療共同体実践ガイド
トラウマティックな共同体から回復の共同体へ

A5判 264頁 定価(本体3,400円+税) 2019年10月刊




ISBN978-4-7724-1722-8

イギリスの精神科医療改革やアメリカのアルコール依存症自助グループを起源に、精神科医療や刑務所において進化を遂げ、世界中に拡大しつつある治療共同体は、対等性と自由が尊重される「サークル」と、役割と責任の遵守が求められる「トライアングル」によって、集団において個人の回復を支えていく。長きにわたる治療共同体の歴史・理念を跡づける理論的考察から、官民協働刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」をはじめとする精神科医療・司法領域・福祉領域の実践レポート、さらに治療共同体をサポートしてきた支援者たちによる回復の物語の記録まで、これまで十分には語られてこなかった治療共同体の方法論と新たな応用可能性を探る。

おもな目次

[序文]トラウマティックな共同体から回復の共同体へ/藤岡淳子

第I部−対人援助と治療共同体

  • 第1章−[総論]対人援助のための治療共同体/藤岡淳子
  • 第2章−[座談会]サンクチュアリ(聖域)としての治療共同体/藤岡淳子・引土絵未・毛利真弓・坂東 希・加藤直人

第II部−[理論篇]治療共同体の理念・歴史・方法

  • 第1章−治療共同体の歴史と理念/藤岡淳子
  • 第2章−治療共同体の方法/毛利真弓
  • 第3章−アディクションからの回復と治療共同体――治療共同体エンカウンター・グループを中心に/引土絵未
  • 第4章−治療共同体と精神医療――イギリスの実践から学ぶ/古賀恵里子

第III部−[実践篇]治療共同体アプローチの展開

  • 第1章−トラウマからの回復に治療共同体を生かす――トラウマ・インフォームド・ケアによる安全・安心な関係性/野坂祐子
  • 第2章−児童心理治療施設での環境療法――治療共同体的な試みとしての「つばさ方式」/石坂好樹
  • 第3章−生きづらさを抱えた若者支援と「回復的なコミュニティ」――ひきこもり支援を中心に/坂東 希
  • 第4章−刑務所での加害者支援に治療共同体を生かす/毛利真弓

第IV部−[実録篇]リカバリーの物語(ストーリー)

  • 第1章−私にとっての治療共同体エンカウンター(エンパワメント)・グループ/引土絵未・喜多村真紀・岡崎重人・加藤 隆・栗栖次郎・山崎明義・山本 大
  • 第2章−島根回復共同体出身者へのインタビュー/藤岡淳子
  • 第3章−被害者の治療共同体――「もふもふネット・たぬきの会」/藤岡淳子・野坂祐子