福田真也著

働く人のこころのケア・ガイドブック
会社を休むときのQ&A

四六判 272頁 定価(本体2,600円+税) 2019年12月刊




ISBN978-4-7724-1736-5

これって、うつ病? 仕事はどうしよう?
 うつ病を中心としたこころの病気や職場で起こる問題、健康管理、休職時の社会保障制度、精神科やリワークでの治療法など、「働く人」がこころの病気になってしまったときに知りたい情報を、産業医経験も豊富なベテラン精神科医が、働く患者さんから実際に寄せられる相談・質問をもとに182問のQ&Aにまとめてわかりやすく解説。
 当事者や家族だけでなく、同僚や管理職、人事担当者、産業保健スタッフはもちろん、医療機関で働く看護師・保健師、作業療法士、ソーシャルワーカー、カウンセラーなどのコメディカルスタッフ、あるいはフレッシュマンの精神科医、精神科で実習中の研修医など、「働く人」をとりまく全員に役立つ一冊。

おもな目次

はじめに

第1章 会社を休まないために―ストレスと認知行動療法

  • 1 ストレスとは何だ?
  • 2 認知行動療法―ちょっと視点を変えてみよう

第2章 会社の休み方・戻り方

  • 1 仕事を休みますか? 続けて働きますか?
  • 2 休んでいる時の生活
  • 3 ご家族の対応
  • 4 仕事を休む―制度とお金の話
  • 5 リワーク―クリニックにおける復職支援プログラム
  • 6 復職する時とした後の注意点、会社の復職支援
  • 7 失業・退職・転職―手続きとお金の話

第3章 仕事を休むこころの病気―職場ではどのように困るのか

  • 1 うつ病
  • 2 発達障害―得意・不得意がはっきりしている人たち
  • 3 不安障害と強迫性障害

第4章 相談と診療、健康管理

  • 1 精神科に行く―受診するまで
  • 2 精神科医療―精神科医ってどんな人?
  • 3 精神科を受診する!―診察での注意点
  • 4 ご家族と精神科受診
  • 5 会社での健康管理―産業保健スタッフと健康診断

さいごに
参考書籍とホームページ
付録 働く人が知っておくと役立つ社会保障制度