稲沼邦夫著

こどもの摂食障害
エビデンスにもとづくアプローチ

A5判 156頁 定価(本体2,800円+税) 2019年12月刊




ISBN978-4-7724-1737-2

 摂食障害の発症については,ストレスなどの心理的要因によるものとする見方が長らく定説とされてきたが,具体的にどのようなメカニズムで摂食障害を引き起こすのだろうか? 引き起こすとすればそのエビデンスはなにか?
 長年にわたって臨床心理士として医療機関で摂食障害とかかわってきた著者は,そうした疑問を背景に,発症の経過や契機,性格傾向,体重と症状との関連などについて事実にもとづいて検討し,それぞれ得られた結果を専門学会や論文で発表してきたが,本書はそうした一連の報告内容を整理したものである。
 著者の経験をもとに提示される臨床的事実と,エビデンスから導き出される具体的な治療アプローチや精神病理についての考察は,摂食障害を理解し,かかわっていく上で貴重な知見として読み継がれていくだろう。

おもな目次

はじめに

第T部 摂食障害の代表例,神経性無食欲症(AN)の臨床的事実

  • 本書における摂食障害の診断基準
  • 神経性無食欲症(AN)の典型例
  • 事実1 発症経過
  • 事実2 発症契機
  • 事実3 発症前の性格傾向
  • 事実4 男子例
  • 事実5 低体重,低栄養状態が心身にもたらす深刻な弊害
  • 事実6 経過中にみられる「せわしさ」,過活動
  • 事実7 体重が回復すると症状は改善する
  • 事実8 体重はスムーズに増えるわけではない
  • 事実9 体重が回復していく過程で発現する過食行動

第U部 神経性無食欲症(AN)の臨床的事実を踏まえて

  • 1 臨床的事実としての発症経過,発症契機,発症前の性格傾向が意味するもの
  • 2 エビデンスにもとづく治療的アプローチ
  • 3 痩せ願望以外の動機によって発症する摂食障害
  • 4 古典とされるANの古い報告例も痩せ願望だったのか?
  • 5 古典例や痩せ願望以外による摂食障害――そしてANに共通するもの
  • 6 ANは心理的ストレスなど心理的環境要因が原因なのか?
  • 7 従来指摘されてきた精神病理をどうみるか
  • 8 エビデンス的事項のまとめ

あとがき

関連書