精神療法 第24巻第6号

特集 治療のなかの治療者自身


B5判/120頁/定価(本体1,800円+税) 1998年12月刊


特集 治療のなかの治療者自身

逆転移の今日的理解:西園昌久
重篤な人格障害の精神療法における逆転移と転移の相互作用:町沢静夫
森田療法における治療者のあるがまま――不問と抵抗をめぐって――:藤田千尋
認知行動療法における治療者の感情:坂野雄二
〈エッセイ〉聴き入ること――その効用とむずかしさ――
聴き入る――心理療法の根本――:河合隼雄
「聴き入る」ことをめぐって:下坂幸三
聴き入ること――その効用とむずかしさ――:増野 肇
精神鑑定における逆転移:福島 章

<症例研究>

抑うつ症状を呈したアルコール依存症男性例への認知療法的アプローチ:瀬戸山淳・熊谷雅之

<シリーズ/ケースの見方・考え方Ⅶ-3>

音への過敏性と焦燥・暴力を呈した一青年とその家族への治療的接近/太田博子
臨床における支持的アプローチ/村瀬嘉代子

<書評>

野中猛・松為信雄編「精神障害者のための就労支援ガイドブック」:窪田 彰
武井麻子・鈴木純一編集「レトリートとしての精神病院」:藤村尚宏
下坂幸三著「心理療法の常識」:安永 浩
小此木啓吾・深津千賀子・大野裕編「必携 心の臨床家のための精神医学ハンドブック」:牛島定信
松本雅彦「こころのありか 分裂病の精神病理」:五味淵隆志
S・A・グロールニック著「ウィニコット入門」:西村良二
鑪幹八郎著「夢分析と心理療法」:中野幹三
W・クリッツバーグ著「アダルトチルドレン・シンドローム」:町沢静夫
日本家族研究・家族療法学会阪神・淡路大震災支援委員会編「喪失と家族のきずな」:岡堂哲雄
アダム・フィリップス著「精神分析というお仕事」:遠藤裕乃
後藤雅博編「家族教室のすすめ方」:白石弘己
S・A・ミッチェル著「精神分析と関係概念」:衣笠隆幸

<学会の印象>

第34回日本精神医学ソーシャル・ワーカー全国大会:牧野田恵美子
第8回日本ブリーフサイコセラピー学会:井村 修
日本カウンセリング学会第31回大会:太田ゆず
国際集団精神療法学会第13回大会:高良 聖
第17回世界精神療法学会:山中康裕
日本心理医療諸学会連合(UPM)第11回大会:杉若弘子
<海外文献抄録>:近藤喬一・他

<患者から学ぶ>

痴呆性老人の面接から/ 前田久雄

<てらぺいあ>

語らいのむずかしさ/佐々木勇之進
出口(社会復帰活動)だけでなく「入口」も!!――“生活の場”再考/佐々木雄司

<Review of Books Abroad>

Janet K.Bersky:The Psychology of Aging/上里一郎
<かたるしす>青少年は凶悪化したか