精神療法 第28巻第6号

特集 精神療法とセルフヘルプ・グループ


B5判/130頁/定価(本体1,800円+税) 2002年12月刊


特集  精神療法とセルフヘルプ・グループ

特集に当たって:増野 肇
カウンセリングにおけるクライエントと治療者関係:山田真理子
森田療法と「生活の発見会」のセルフヘルプ・グループ機能――活動の時代的変遷を踏まえる視点から―― :比嘉千賀
依存グループと専門家:窪田暁子
家族療法と家族会運動:遠藤優子
仲間の力――浦河における精神科リハビリテーションプログラムへの当事者参加の現状と意義――:向谷地生良
セルフヘルプ・グループと専門職の関係――地域生活支援システムに期待される精神科医療を求めて――:半澤節子
諸外国のセルフヘルプ活動――北アメリカの状況――:白石弘巳

〈研究報告〉

石坂洋次郎の『若い人』――境界例の少女・江波恵子――:高橋正雄

〈シリーズ/ケースの見方・考え方ⅩⅤ-3〉

「悪いのは夫である」からスタートした夫婦療法:野末武義・須永比呂美・平木典子

〈連載〉

フロイト再読――技法論を中心に――(5):下坂幸三
臨床家のための精神薬理学(6)――睡眠薬――:岡島由佳・上島国利

〈書評〉

スティーヴン・J・ウォーリン,シビル・ウォーリン著「サバイバーと心の回復力」:神田橋條治
秋元波留夫著「実践 精神医学講義」:西園昌久
ロバート・L・パーマー著「摂食障害者への援助」:加茂登志子
佐々木承玄著「こころの秘密」:古井博明
ダナ・N・クリスチャンセン,ジェフリー・トダール,ウィリアム・C・バレット著「解決志向ケースワーク」:萬歳芙美子
長谷川啓三・若島弘文編「家族療法・短期療法・物語療法」:馬場安希
斎藤道雄著「悩む力」:佐藤佑貴・畑哲信
ジョン・E・エクスナー著「ロールシャッハの解釈」:町沢静夫
李 敏子著「『意味』の臨床」:田中千穂子
内村英幸・吉住 昭編「精神科保護室の看護とチーム医療」:燒リ美惠子
加藤 敏著「創造性の精神分析」:内海 健
J・マーク・エディ著「行為障害」:小田 晋

〈学会の印象〉

日本思春期青年期精神医学会大15回大会:守屋直樹
第2回日本外来精神医療学会:千村 晃
日本遊戯療法学会第8回大会:倉光 修
日本カウンセリング学会第35回大会: 相馬誠一
日本ブリーフサイコセラピー学会第12回大会:山根希代子
第12回世界精神医学会横浜大会:西園昌久
〈海外文献抄録〉:虎の門病院

〈患者から学ぶ〉

不安障害の治療と「生きること」:北西憲二

〈てらぺいあ〉

面接のありよう――治療者からの問いかけ――:大森健一
〈かたるしす〉最近の国際学会あれこれ

●第28巻総目次