精神療法 第35巻第2号

特集 解離とその治療


B5判/140頁/定価(本体1,800円+税) 2009年4月刊


特集 解離とその治療

解離をめぐる問題の所在:成田善弘
解離はどうして起きるのか?:岡野憲一郎
解離の症候にみられる眼差しとヴェール:柴山雅俊
「ヒステリー研究」当時の解離・分裂・抑圧について:白波瀬丈一郎
心的外傷と解離:大矢 大
解離と自傷:川谷大治
全生活史健忘の精神療法:木村宏之
解離と自己について:岡田暁宜
解離性障害の精神分析的精神療法―Sándor Ferencziの「大実験」再考―:細澤 仁
解離とその心理療法―解離にきづき,かかえ,いかすこと―:上手幸治
遅発性心的外傷患者への絵画療法の試み:中井久夫
〈エッセイ〉
解離性同一性障害への最近の取り組み:一丸藤太郎/「身体技法」としての解離=トランス:江口重幸/解離性障害の臨床とその周辺:山中康裕/他責的なうつは,なりそこないの解離性障害である:中塚尚子/解離のちから:福井義一

〈研究報告〉

外来森田療法における治療者の役割:岩木久満子

〈シリーズ/ケースの見方・考え方ⅩⅩⅦ-1〉

マルトリートメントを受けていた男子児童と家族への支援:田附あえか・大塚 斉・塩谷隼平・古舘有希子・中釜洋子

〈連 載〉


精神分析臨床家の流儀 (5)語られることの中の現実と空想:松木邦裕
心理臨床スーパーヴィジョン (2)スーパーヴィジョンという指導の特殊性と普遍性:平木典子

〈書 評〉

岡野憲一郎著「治療的柔構造」:成田善弘
伊藤絵美著「事例で学ぶ認知行動療法」:井上和臣
学校臨床心理士ワーキンググループ・村山正治・滝口俊子編「河合隼雄のスクールカウンセリング講演録」:根本真弓
牛島定信編「境界性パーソナリティ障害〈日本版治療ガイドライン〉」:佐野 輝
飛鳥井望著「PTSDの臨床研究」:山口直彦
小林聡幸著「シンフォニア・パトグラフィカ」:山中康裕
下山晴彦著「臨床心理アセスメント入門」:小山充道
ジョン・A・チャイルズ他著「自殺予防臨床マニュアル」:松本俊彦
小山充道編著「必携 臨床心理アセスメント」:上里一郎
藤岡孝志著「愛着臨床と子ども虐待」:森 茂起
J・E・ヤング他著「スキーマ療法」:神村栄一
S・フェレンツィ著「精神分析への最後の貢献」:西園昌久
松木邦裕・東中園聡編「精神病の精神分析的アプローチ」:相田信男
小倉 清著「小倉清著作集3」:村田豊久
キース・チューダー他著「ロジャーズ辞典」:東山紘久
E・K・ライナソン著「犯罪・災害被害遺族への心理的援助」:藤森和美
ランディ・クリーガー他著「BPD(=境界性パーソナリティ障害)のABC」「BPD(=境界性パーソナリティ障害)をもつ子どもの親へのアドバイス」「愛した人がBPD(=境界性パーソナリティ障害)だった場合のアドバイス」:平井孝男
内海 健著「パンセ・スキゾフレニック」:野間俊一
熊谷直樹・天笠 崇・加瀬昭彦・岩田和彦監修「読んでわかるSSTステップ・バイ・ステップ方式」:野中 猛
鶴 光代編「発達障害児への心理的援助」:萬歳芙美子
田中康雄著「軽度発達障害」:清水將之
滝田洋二郎監督「おくりびと」:山中康裕

〈学会の印象〉

第22回日本箱庭療法学会:大倉朱美子
第54回日本精神分析学会:北村隆人
第49回日本児童青年精神医学会総会:門眞一郎
第8回環太平洋地域会議:齋藤英二
〈海外文献抄録〉:近藤喬一・東京慈恵会医科大学附属第三病院

〈Review of Books Abroad〉

Allan V. Horwitz and Jerome C. Wakefield : The Loss of Sadness : How Psychiatry Transformed Normal Sorrow Into Depressive Disorder.:上瀬大樹

〈患者から学ぶ〉

非行少年から学ぶ:藤川洋子

〈てらぺいあ〉

子は自ら育つように,関係を構築し,維持すること:田畑 治
アモルファス自我構造ということ:鑪 幹八郎

〈かたるしす〉

「どっちもどっち」