精神療法 第36巻第6号

特集 精神病理学と精神療法


B5判/141頁/定価(本体1,800円+税) 2010年12月刊


特集 精神病理学と精神療法

精神病理学と精神療法―特集にあたって―:飯田 眞
精神病理学と精神療法:総論:松浪克文・大前 晋
統合失調症患者への私の接し方―「自己保存の危機」を鍵概念として―:中安信夫
精神病理からみたうつ病の治療構造論―ことさらに精神療法をしないために―:内海 健
精神病理学は精神療法に寄与しうるか? ―境界例との関わりを通して―:鈴木 茂
精神病理学が神経症の精神療法にもたらすもの:鈴木國文
てんかんにおける精神療法―脳と心の線引きと治療の枠組みの俯瞰―:兼本浩祐・大島智弘
〈エッセイ〉
臨床状態の説明と了解:新福尚武 即興と振付:花村誠一 精神病理学,精神療法,そしてヒューマニズム:村井俊哉 「小坂理論」に見る精神療法の「理論」―特集テーマ「精神病理学と精神療法」によせて―:林 直樹 回復の論理の精神病理学がありうるならば:中井久夫

〈症例研究〉

エクスポージャー法の促進・停滞に関与する家族凝集性の検討―兄弟の協力により治療が奏功した症例を通じて―:松浦隆信

〈連  載〉

心理臨床スーパーヴィジョン(12)スーパーヴァイザーの養成・訓練:平木典子
[新連載] リハビリテーション関係論への招待 第1回 リハビリテーション関係論の意義:野中 猛

〈書  評〉

松木邦裕著「分析実践の進展」横井公一
あすなろ学園著「気になる子も過ごしやすい園生活のヒント」山田真理子
小森康永著「緩和ケアと時間」岸本寛史
水島広子著「対人関係療法でなおす双極性障害」寺尾 岳
中田修,小田晋,影山任佐,石井利文編著「精神鑑定事例集2」井原 裕
藤岡耕太郎著「精神科医のための解決構築アプローチ」鹿島直之
廣井亮一,中川利彦編「子どもと家族の法と臨床」村本邦子
村瀬嘉代子著「統合的心理援助への道」中釜洋子
神田橋條治,原田誠一,渡邊衡一郎,菊地俊暁著「座談会 うつ病治療」中村 敬
フレドリック・N・ブッシュ,マリー・ラデン,セオドア・シャピロ著,牛島定信,平島奈津子監訳「うつ病の力動的精神療法」北西憲二
サラ・バーン,マックス・バーチウッド,ピーター・トローワー,アラン・ミーデン著,菊池安希子監訳,朝波千尋,岩浮ウやか,菊池安希子,古村健,山本哲裕訳「命令幻聴の認知行動療法」清水希実子・山.修道

〈Review of Books Abroad〉

Richard P. Bentall : Madness Explained : Psychosis and Human Nature.:菊池安希子

〈海外文献抄録〉

山中康裕・他

〈学会の印象〉

日本遊戯療法学会第16回大会:西浦太郎

〈かたるしす〉

〈てらぺいあ〉

二日酔いの涙:渡辺俊之

読者レビュー