精神療法 第38巻第1号

特集 喪失の精神療法―回復のプロセスを中心に


B5判/150頁/定価(本体1,800円+税) 2012年2月刊


特集 喪失の精神療法―回復のプロセスを中心に

〈巻頭言〉臨床と方法:山上敏子

特集にあたって:北西憲二
〈第T部 大規模災害と喪失〉
    東日本大震災と喪失:山中康裕
    大規模災害・事故後の遺族支援:加藤 寛
    災害と家族支援―家族療法の視点から―:後藤雅博
〈第U部 喪失の精神療法〉
    喪失の精神療法―精神分析療法と喪失の文化をふまえて―:西園昌久
    被災者の悲嘆に対する認知行動療法とコミュニティ・アプローチ:煢ェ昂太・下山晴彦
    〈かたり〉による喪失体験からの心的回復過程―坂部恵の〈かたり〉論を補助線として―:川戸 圓
    リメンバリング―喪失と回復の物語―:森岡正芳
    森田療法からみた喪失の理解とその回復プロセス:北西憲二
    集団精神療法の立場から―相互支援グループを継続している経験から―:藤 信子
    児童精神科医の立場から:待鳥浩司
    自死遺族のケア:高橋祥友
〈エッセイ〉
    文化伝統や宗教の力を生かす:島薗 進
    子どもの死:若林一美
    喪失のさまざまな形と回復過程について:原田誠一
    震災8カ月後の被災地を訪ねて:黒木俊秀
    時が過ぎゆくごとに人生の一部が失われる:成田善弘

〈Essay 震災「後」〉

フクシマではない,福島へ戻りたい:生島 浩

〈論  説〉

甘え理論とカトリック:塚崎直樹

〈研究報告〉

不安障害疾患群における両親の養育態度の検討―不安に関連する認知行動的変数への影響を考慮に入れたモデル分析を通じて
:松浦隆信・北西憲二・立松一徳・橋本和幸・比嘉千賀・原田憲明・坂本真士

〈連  載〉

リハビリテーション関係論への招待 第8回 ソーシャルワーク関係論B―関係性と実践との関連:大谷京子
森田療法を学ぶ:最新技法と治療の進め方 第5回 初回面接:北西憲二

〈シリーズ/ケースの見方考え方ⅩⅩⅩ−1〉

相州乳幼児チームにおけるスーパービジョンについて(2)―ある母子のコミュニケーションをめぐって―
:寺岡菜穂子・吉松奈央・森本麻穂・太田沙緒梨・工藤久美子・青木 豊

〈書  評〉

マイケル・ホランダー著「自傷行為救出ガイドブック」小野和哉
リタ・シャロン著「ナラティブ・メディスン」小森康永
M・マッケイ,J・C・ウッド,J・ブラントリー著「弁証法的行動療法実践トレーニングブック」下山晴彦
笠原嘉著「笠原嘉臨床論集外来精神医学という方法」加藤 敏
中村伸一著「家族・夫婦臨床の実践」原田誠一
津田均著「統合失調症探究」十川幸司
うつ病リワーク研究会編「うつ病リワークプログラムの続け方」白井麻理
平木典子・中釜洋子・友田壽子編著「親密な人間関係のための臨床心理学」福山和女

〈Review of Books Abroad〉

David J. Miklowitz : Bipolar Disorder : A Family-Focused Treatment Approach, second edition.:中川敦夫

〈海外文献抄録〉

末木 新・他

〈追  悼〉

北 杜夫氏追悼:山中康裕

〈学会の印象〉

第20回国際ロールシャッハ及び投映法学会:野田昌道

〈かたるしす〉