精神療法 第40巻第2号

特集 アウトリーチとソーシャルサポート―前面から接近困難なら側面から関わろう


B5判/150頁/定価(本体2,000円+税) 2014年4月刊


[巻頭言]精神療法と人生相談:野村総一郎

特集 アウトリーチとソーシャルサポート―前面から接近困難なら側面から関わろう

アウトリーチの未来像―地域におけるソーシャルサポートとの協働―:福山和女
精神科救急とアウトリーチ:宮永和夫
アウトリーチ推進事業におけるPSW の役割:春木あゆ美
家族に対するACT スタッフの関わり方:佐川まこと・白石弘巳
未受診者へのアウトリーチ:木戸芳史・廣川聖子・萱間真美
子ども虐待におけるアウトリーチ:煢ェ昂太
児童・生徒へのアウトリーチ―何を届けるのか―:市橋香代
ひきこもりケースに対するアウトリーチ:近藤直司
アウトリーチとしての訪問看護:丸山 晋
障害者福祉におけるアウトリーチ―知的障害者への支援を中心に―:西原雄次郎
エッセイ
高齢分野におけるアウトリーチの実際:山本繁樹
発達相談支援センターの試み:内山 敏
アウトリーチ型生活支援システムについて:小林良二
自殺予防アウトリーチ:長江美代子
子ども家庭支援ネットワークとアウトリーチ:金子恵美
アウトリーチと社会参加:宮城 孝
アウトリーチにおけるピアスタッフの視点:添田雅宏

〈研究報告〉

外来森田療法とAcceptance and Commitment Therapy(ACT)の初回面接の比較検討:舘野 歩

〈症例研究〉

被虐待者の回復過程についての報告―内的世界の再構築と現実世界とのバランスに着目して―:玉井 仁

〈連  載〉

神経科精神科・古参医の戯言 第6回 「不安・抑うつ発作」発見の歴史(3)パニック性不安うつ病:貝谷久宣
医学目的の文学手段 第8回 パラレルチャートを書こう:小森康永
発達障害へのアプローチ―最新の知見から 第3回 発達障害の早期支援:本田秀夫

〈シリーズ/ケースの見方・考え方33−3〉

臨床心理士養成大学院における修了生に対する事例検討会(3)―システムズ・アプローチを基盤として―
 :田中照子・生島 浩・神尾直子・佐々木千加子・小椋麻美

〈書  評〉

日本家族研究・家族療法学会編『家族療法テキストブック』:西園昌久
阿部惠一郎著『バウムテストの読み方―象徴から記号へ』:小川俊樹
ジョン・シュタイナー著『見ることと見られること―「こころの退避」から「恥」の精神分析へ』:妙木浩之
岡野憲一郎著『脳から見える心―臨床心理に生かす脳科学』:中村伸一
伊藤絵美編著,津煖梹q,大泉久子,森本雅理著『スキーマ療法入門―理論と事例で学ぶスキーマ療法の基礎と応用』:東 斉彰
前田ケイ著『基本から学ぶSST―精神の病からの回復を支援する』:皿田洋子
磯田雄二郎著『サイコドラマの理論と実践―教育と訓練のために』:高良 聖
北山 修著『評価の分かれるところに―「私」の精神分析的精神療法』:池田政俊
シャッド・マルナ著『犯罪からの離脱と「人生のやり直し」―元犯罪者のナラティヴから学ぶ』:奥村雄介
ボブ・スタール,エリシャ・ゴールドステイン著『マインドフルネス・ストレス低減法ワークブック』:高橋美保
シンシア・フランクリン・他著『解決志向ブリーフセラピーハンドブック―エビデンスに基づく研究と実践』:磯貝希久子
ドナ・M・スダック著『認知行動療法・薬物療法併用ガイドブック―エビデンスベイスト・アプローチ』:黒木俊秀
村山正治監修,日笠摩子・他編著『フォーカシングはみんなのもの―コミュニティが元気になる31の方法』:諸富祥彦
竹村洋子著『いのちの営みに添う心理臨床―人が出会い共に生きるということ』:岸本寛史
〈映画〉『鉄くず拾いの物語 An Episode in the Life of an Iron Picker』:山中康裕

書評ページへ

患者から学ぶ

患者/家族から学んだこと:岡嶋美代

〈Review of Books Abroad〉

Rechard A Skues : Sigmund Freud and the Story of Anna O. : Reopening the Closed Case:岡元彩子

〈海外文献抄録〉

近藤喬一ほか

学会の印象

日本行動療法学会第39回大会/日本認知療法学会第13回大会/アジア認知行動療法会議第4回大会:丹野義彦
日本心理臨床学会第32回秋季大会:芳川玲子
第18回多文化間精神医学ワークショップ:岡田和史
第31回日本青年期精神療法学会総会:三橋由佳

〈かたるしす〉

〈てらぺいあ〉

精神療法と非言語的ないし情動的コミュニケーション:小林隆児