精神療法 第41巻第2号

特集 子どもと若者のための認知行動療法


B5判/150頁/定価(本体2,000円+税) 2015年4月刊


[巻頭言] 日常診療における精神療法:中村 敬

特集 子どもと若者のための認知行動療法

子どもと若者のための認知行動療法の発展に向けて:下山晴彦
うつの子どものための認知行動療法:石川信一
強迫性障害の子どものための認知行動療法:野中舞子・下山晴彦
PTSD の子どものための認知行動療法:松丸未来
摂食障害の子どものための認知行動療法:中里道子
応用行動分析を用いた発達障害の子どもへの支援:井上雅彦
ACT を用いた発達障がいの親子の支援:谷 晋二
身体疾患を抱える子どものための認知行動療法:尾形明子
嗜癖的な自傷を呈する子どもの認知行動療法:松本俊彦
スクールカウンセリングにおける認知行動療法の活用:小堀彩子・神村栄一
[エッセイ]
認知行動療法が効いたのか?それとも,その治療者だから良かったのか?:本田秀夫
非専門家による子どもの認知行動療法印象記:原田 謙
文化をふまえた子どもと若者のための認知行動療法の実践:藤岡 勲
発達障害のある子どもとその親を伸ばすSST:岩坂英巳
ひきこもり支援で学んだこと―曝露が使えない時の認知行動療法―:境 泉洋

〈紹  介〉

診療に融け込む精神療法:語り手 山下 格/聞き手 大森哲郎/問い手 久住一郎

〈連  載〉

神経科精神科・古参医の戯言 第10回 「不安・抑うつ発作」発見の歴史(7)パニック障害の脳画像研究:貝谷久宣 発達障害へのアプローチ―最新の知見から 第9回 発達障害者支援の行政(厚生労働省の施策を中心に)に関する動き:日詰正文
精神分析の一語 第5回 トラウマ(1)―精神分析から理解するトラウマ:松木邦裕
鞄に硯を携えて―私の墨汁一滴 第4回 河合隼雄先生―決して逃げず,真正面から行く人:山中康裕

〈書  評〉

青木省三著 「精神科治療の進め方」:原田誠一
秋田 巌編 「日本の心理療法 思想篇」:新福尚隆
内田利広著 「期待とあきらめの心理―親と子の関係をめぐる教育臨床」:北島歩美
針間克己,平田俊明編著 「セクシュアル・マイノリティへの心理的支援―同性愛,性同一性障害を理解する」:中村伸一
立岩真也著 「自閉症連続体の時代」:中野三津子
橋本和明編 「子育て支援ガイドブック―「逆境を乗り越える」子育て技術」:大嶋正浩
白石裕子編 「Challenge the CBT 看護のための認知行動療法」:木戸芳史
ジュディス・A・コーエンほか著 「子どものトラウマと悲嘆の治療―トラウマ・フォーカスト認知行動療法マニュアル」:石丸径一郎
フレデリック J.スタッダードJrほか編 「最新 大災害メンタルヘルスケアガイド 不測の衝撃―危機介入に備えて知っておくべきこと」:藤 信子
田中康雄監修/藤森和美,辻惠介編 「発達障害とキャリア支援」:志賀利一
大野 裕著 「精神医療・診断の手引き―DSM-Vはなぜ作られ,DSM-5はなぜ批判されたか」:山附W資
スー・ジョンソン著 「私をギュッと抱きしめて―愛を取り戻す七つの会話」:丸山由香子
清水將之著 「子どものメンタルヘルス事典」:松田文雄
ミミ・ハイネマンほか著 「子育ての問題をPBS で解決しよう!―ポジティブな行動支援で親も子どももハッピーライフ」:野中舞子
東 斉彰ほか編著 「統合・折衷的心理療法の実践―見立て・治療関係・介入と技法」:林 直樹
〈映画〉ニューヨークの巴里夫(パリジャン):山中康裕
書評ページへ

患者から学ぶ

私にもある「コミュニケーション障害」:清水康夫

〈Review of Books Abroad〉

Michael Ungar : I Still Love You : Nine Things Troubled Kids Need from Their Parents:小森康永

海外文献抄録

近藤喬一ほか

〈学会の印象〉

第37回日本精神病理学会:柴田応介 第28回日本箱庭療法学会:伊藤真理子 第55回日本児童青年精神医学会総会:木谷秀勝

〈かたるしす〉

〈てらぺいあ〉

自動処方機:鈴木智美