精神療法 第41巻第6号

特集 “睡眠−精神療法学”入門−「眠り」を知って,臨床力をアップしよう!


B5判/150頁/定価(本体2,000円+税) 2015年12月刊


[巻頭言] わかりにくく,誤解されやすい自閉症スペクトラム障害の人々:山附W資

特集 “睡眠−精神療法学”入門−「眠り」を知って,臨床力をアップしよう!

特集にあたって―“睡眠−精神療法学”五箇条の誓文―:原田誠一
精神療法としての生活習慣指導:井原 裕・木本慎二
現代社会における「睡眠」にまつわる諸問題:本多 真
質の良い「眠り」を促す/妨げる生活習慣:橋爪祐二・内村直尚
「眠り」に関する問診のコツ(不眠/過眠症,概日リズム睡眠障害,睡眠時随伴症):中島 亨
睡眠の記録と評価―睡眠日誌と生理学的記録を中心に―:鈴木みのり・大沢知隼・亀井雄一
睡眠障害の精神療法の奥義を伝えよう―不眠/過眠症,概日リズム障害,睡眠時随伴症の指導のコツ―:土屋晶子・北島剛司
睡眠障害に対する認知行動療法―不眠症を中心として―:岡島 義・井上雄一
快眠指導のコツ:西多昌規
胎児・新生児の眠りの発達:太田英伸・大川匡子
母と子の睡眠問題へのアプローチ:駒田陽子・井上雄一

[エッセイ]
  • 小児・青年期の睡眠の問題:白川修一郎
  • 働く人々はなぜしっかり眠らなければならないか:高橋正也
  • お酒嗜好品クスリによる睡眠障害:梶村尚史
  • 快眠のための環境作りの工夫:友野なお
  • 夢分析の現在―眠りの守護者としてではなく,覚醒との物語―:妙木浩之
  • 明日の見えない人(朝恐怖):中村伸一

〈症例研究〉

EMDRが奏功した持続性複雑死別障害の一例:西岡真広

〈資  料〉

千葉県精神科医療機関のスタッフに認知行動療法は広まっているか
:質問紙調査―認知行動療法のアンケート調査―:原口 正・清水栄司・中里道子・小堀 修・伊豫雅臣

〈シリーズ/ケースの見方・考え方 36−1〉

自分の生き方にこだわりを見せる双極I型障害患者と精神科治療:矢倉朱緒・林 直樹

〈連  載〉

神経科精神科・古参医の戯言 第12回 「不安・抑うつ発作」発見の歴史(9)拒絶過敏性:貝谷久宣
精神分析の一語 第9回 象徴:松木邦裕
鞄に硯を携えて―私の墨汁一滴 第8回 
メダルト・ボス教授との会見,および,ビンスワンガーの病院クロイツリンゲンでのこと:山中康裕

〈書  評〉

マーク・カンザーほか編「「ねずみ男」の解読―フロイト症例を再考する」:岩崎徹也
信田さよ子著「アディクション臨床入門―家族支援は終わらない」:斎藤 環
萩原 拓編著「発達障害のある子の自立に向けた支援―小・中学生の時期に,本当に必要な支援とは?」:山附W資
中安信夫著「反面教師としてのDSM―精神科臨床診断の方法をめぐって」:市橋秀夫
楢原真也著「子ども虐待と治療的養育―児童養護施設におけるライフストーリーワークの展開」:森 茂起
ドン・D・ジャクソン著「家族相互作用―ドン・D・ジャクソン臨床選集」:児島達美
ディヴィッド・A・クラーク著「認知行動療法に基づいた気分改善ツールキット
―気分の落ちこみをうつ病にしないための有効な戦略
」:森田慎一郎
松本卓也著「人はみな妄想する―ジャック・ラカンと鑑別診断の思想」:平尾和之
ウォルター・ロバーツJr著「いじめっ子・いじめられっ子の保護者支援マニュアル
―教師とカウンセラーが保護者と取り組むいじめ問題
」:浦野由平
マララ・ユスフザイほか著「わたしはマララ―教育のために立ち上がり,タリバンに撃たれた少女」:山中康裕
木村宏之著「面接技術の習得法―患者にとって良質な面接とは?」:原田誠一
〈映画〉ターナー,光に愛を求めて:山中康裕
書評ページへ

患者から学ぶ

心理療法における援助再考:川畑直人

〈Review of Books Abroad〉

Michael Tomasello : A Natural History of Human Thinking:北村隆人

海外文献抄録

山中康裕ほか

〈学会の印象〉

第111回日本精神神経学会学術総会:原田誠一 包括システムによる日本ロールシャッハ学会第21回大会:村松朋子 第16回「東洋思想と心理療法」研究会:佐藤 豊

〈かたるしす〉

〈てらぺいあ〉

「臨床」連辞符ブーム:清水新二