精神療法 第42巻第3号

特集 精神分析の現在


B5判/150頁/定価(本体2,000円+税) 2016年6月刊


 
 

[巻頭言] 古典的精神分析と現代の精神分析,(力動的)精神療法:中久喜雅文

特集 精神分析の現在

現代の精神分析の航路図:特集に寄せて:妙木浩之
ポスト・クラインの現在:福本 修
ポストコフートの自己心理学:富樫公一
関係論的精神分析の新しい流れ:岡野憲一郎
精神分析の「営み」を再考する:藤山直樹
メンタライゼーションの心理学:東 啓悟
Bollas から始まる:独立学派の現在:館 直彦
エビデンス・ベースドな精神力動論:工藤晋平
精神分析の現在とWilfred Bion:松木邦裕
〈世界の研究所の現状〉
英国:タヴィストック・クリニックにおける精神分析的精神療法の行方:阿比野宏
米国:ホワイト・インスティテュート:吾妻 壮
フランス精神分析の分派と訓練制度:立木康介

[エッセイ]
  • 精神分析の発達と文化の変容:西園昌久
  • 神経精神分析(ニューロサイコアナリシス)―精神分析と神経科学のコラボレーション:平尾和之
  • 森田療法と精神分析:北西憲二

〈研究報告〉

  • こころのスキルアップ授業が行われている学校環境における中学生のこころの成長―抑うつレベルが高い生徒の変化と,抑うつレベルに問題のない生徒の変化:中野有美・森崎智子・吉川愛里・中川敦夫・大野 裕

〈シリーズ/ケースの見方・考え方 36−4〉

  • 患者の訴えは本当なのだろうか?―周囲の人々を「操作」する解離性障害の症例:三宅浩司・林 直樹

〈連  載〉

  • 神経科精神科・古参医の戯言 第13回 「不安・抑うつ発作」発見の歴史(10)拒絶過敏性,不安症と不安うつ病の脳内機構についての考察:貝谷久宣
  • 精神分析の一語 第12回 アルファ要素:松木邦裕
  • 物質使用障害治療の最前線 第3回 動機づけ面接法―「底つき」を待たない物質使用障害の新しい治療法:後藤 恵
  • 鞄に硯を携えて―私の墨汁一滴 第11回 閑話休題「マイエンフェルトでの素敵な思い出」:山中康裕

〈書  評〉

  • 下地明友著「〈病〉のスペクトル―精神医学と人類学の遭遇」:江口重幸
  • 岸本寛史編著「ニューロサイコアナリシスへの招待」:岡野憲一郎
  • フレデリック・N・ブッシュ,他著「パニック症と不安症への精神力動的心理療法」:木村宏之
  • 小林隆児,他編著「人間科学におけるエヴィデンスとは何か―現象学と実践をつなぐ」:濱野清志
  • ドナルド・W・ウィニコット著「ピグル―ある少女の精神分析的治療の記録」:山中康裕
  • ジュディス・A・コーエン,他編「子どものためのトラウマフォーカスト認知行動療法―さまざまな臨床現場におけるTF-CBT 実践ガイド」:飛鳥井望
  • ジャック・アンドレ編「フランス精神分析における境界性の問題―フロイトのメタサイコロジーの再考を通して」:牛島定信
  • トム・アンデルセン著「新装版 リフレクティング・プロセス―会話における会話と会話」:伊藤順一郎
  • 稲垣 諭著「大丈夫,死ぬには及ばない―今,大学生に何が起きているのか:小林聡幸
  • ティモシー・A・サイズモア著「セラピストのためのエクスポージャー療法ガイドブック―その実践とCBT,DBT,ACT への統合」:原田誠一
  • Koichi Togashi, 他著「Kohut’s Twinship Across Cultures : The Psychology of Being Human」:林 直樹
  • 〈映画〉FOUJITA:山中康裕

患者から学ぶ

  • 霞を食す:霞を食す

〈Review of Books Abroad〉

  • John Gottman : Why Marriages Succeed or Fail : What you can learn from the breakthrough research to make your marriage last:岡本吉生

海外文献抄録

  • 近藤喬一,他

〈学会の印象〉

  • 日本精神障害者リハビリテーション学会第23回高知大会:富井恵子
  • 第33回日本森田療法学会:須藤克利

〈かたるしす〉

〈てらぺいあ〉

  • 話すこと・聞くこと:野島一彦