精神療法 第43巻第3号

特集 オープンダイアローグ


B5判/150頁/定価(本体2,000円+税) 2017年6月刊


 
 
定期購読

[巻頭言] リワークプログラムにおける精神療法:五十嵐良雄

特集 オープンダイアローグ

  • 特集にあたって:斎藤 環
  • オープンダイアローグを「知の形式」として―ベイトソンの系譜から:野村直樹
  • オープンダイアローグの歴史的背景と考え方,そして日本での実践可能性:下平美智代
  • フィンランドからのもう一つの贈り物―未来語りのダイアローグ:白木孝二
  • ACT におけるオープンダイアローグ:伊藤順一郎・下平美智代
  • オープンダイアローグとナラティヴアプローチ―「個人化」を超えて:野口裕二
  • 臨床心理士とオープンダイアローグ信田さよ子
  • べてるとオープンダイアローグ:向谷地生良
  • オープンダイアローグをいかに実践するか:森川すいめい
  • 開かれゆく会話のためのリフレクティング―二つの事例から:矢原隆行

〈エッセイ〉

  • ダイアローグ,現代社会の夢と現実:高木俊介
  • やわらかなまなざしの中の対話―対話の一つの経験:森越まや
  • オープンダイアローグ雑感:楢林理一郎
  • モノローグ的オープンダイアローグ試論―我が国の臨床の知〜認知行動療法をめぐる断想:原田誠一
  • 「開かれた個人療法」のヒントとしてのオープンダイアローグ:伊藤絵美
  • オープンダイアローグにおける心の問題:八木剛平

〈シリーズ/ケースの見方・考え方 38−3〉

  • 母子生活支援施設における男児との精神分析的遊戯療法:小野和海・中村留貴子・深津千賀子

〈連  載〉

  • 精神分析の一語 第18回 躁的防衛:松木邦裕
  • 物質使用障害治療の最前線 第9回 触法精神障害のための治療プログラム:今村扶美
  • 鞄に硯を携えて―私の墨汁一滴 第17回 第12回世界精神医学会での芸術展示―トマソフ,ロペス,カルボネル,鈴木二郎:山中康裕
  • 精神療法家のひとりごと 第5回 スーパービジョンについて:成田善弘

〈書  評〉

〈患者から学ぶ〉

  • 訴えと事実の間で:西松能子

〈Review of Books Abroad〉

  • Blanck, Gertrude & Blanck, Rubin : Ego Psychology : Theory and practice( 2nd ed):篠原道夫

〈海外文献抄録〉

〈学会の印象〉

  • 日本精神分析学会第62回大会:皆川英明
  • 第34回日本森田療法学会:三好真人
  • メンタルヘルス関連三学会合同大会:影山隆之

〈かたるしす〉

〈てらぺいあ〉

  • 思想なのか,妄想なのか?:生田 孝