精神療法 第44巻第1号

特集 精神療法家が守らなければならないこと―倫理的原則と実践的課題


B5判/150頁/定価(本体2,000円+税) 2018年2月刊


 
 
定期購読

[巻頭言] 精神療法の中断と成功:馬場謙一

特集 精神療法家が守らなければならないこと―倫理的原則と実践的課題

はじめに なぜ今倫理か?:林 直樹

〈第1部 精神療法の倫理的基礎〉

  • 精神科医療倫理と精神療法:小俣和一郎
  • 精神療法のインフォームド・コンセント:野村俊明
  • 精神分析の倫理的転回とその意味:富樫公一
  • 多重関係―特に性的境界侵犯について:北村隆人
  • 法と精神療法:守秘義務など:池田政俊
  • 精神療法の倫理―全体的展望と治療者の倫理的姿勢についての一考察:林 直樹

〈第2部 実践的課題〉

  • 家族療法および家族支援における倫理的ジレンマ―秘密保持と尊厳の原則に焦点をあてて:福山和女
  • 日本における集団精神療法の倫理的問題:小谷英文
  • 矯正治療・非自発的治療における精神療法の倫理的問題:川邉 讓
  • 精神療法についての倫理綱領の位置づけと倫理教育:津川律子

〈エッセイ〉

  • ひきこもりの精神療法の倫理:内田千代子
  • セクシュアル・マイノリティへの精神療法における倫理:葛西真記子
  • 自殺対策・自殺予防の精神療法の倫理―自殺をしないという契約に焦点を当てて:高橋祥友
  • セカンドオピニオンにおけるエチケット:井原 裕
  • Masud Khan の問題:妙木浩之

〈症例研究〉

  • 対象喪失論からみたある直腸癌患者への心理的介入の意義に関する一考察:塗師恵子

〈シリーズ/ケースの見方・考え方 40−1〉

  • うつ病ケースを動機づけ面接のワークショップでコーチする:原井宏明・大野高志

〈連  載〉

  • 精神分析の一語 第22回 逆転移/対抗転移(1):松木邦裕
  • 鞄に硯を携えて―私の墨汁一滴 第21回 私の出会った人たち―谷川俊太郎,中村雄二郎,三谷幸喜,なだいなだ,橋本憲一,橋本妙,荒井良二さん:山中康裕
  • 精神療法家のひとりごと 第9回 書くことをめぐって:成田善弘

〈書  評〉

〈患者から学ぶ〉

  • 薬物依存症患者と私:成瀬暢也

〈Review of Books Abroad〉

  • Diane Ehrensaft : The Gender Creative Child : Pathways for nurturing and supporting children who live outside gender boxes:佐々木掌子

〈海外文献抄録〉

  • 原田康平,他

〈学会の印象〉

  • 第14回日本うつ病学会総会/第17回日本認知療法・認知行動療法学会:佐渡充洋
  • 日本思春期青年期精神医学会第30回大会:久保浩明・加藤隆弘
  • The 6th International Conference of Expressive Psychotherapy in Su Zhou(第6届表達性心理治療国際学術研討会):古谷 学
  • 日本家族研究・家族療法学会第34回 つくば大会:藪垣 将

〈かたるしす〉

〈てらぺいあ〉

  • ある小さな事件:中川美保子