精神療法 第45巻第6号

特集 精神療法のアクチュアリティ(actuality)


B5判/150頁/定価(本体2,000円+税) 2019年12月刊


定期購読

[巻頭言] 精神科医と手帳:渡辺俊之

特集 精神療法のアクチュアリティ(actuality)

  • 精神療法のアクチュアリティ:山中康裕
  • 私のささやかなアクチュアリティ:原田誠一
  • 統合失調症の精神療法のActuality―中井久夫の臨床場面を通して:高 宜良
  • 心理療法の基盤:岸本寛史
  • 「見ること」と「言葉の誕生」:伊藤良子
  • 寄り添うことと向き合うこと:平尾和之
  • 心理療法と夢とアクチュアリティ:猪股 剛
  • 精神療法のアクチュアリティと歴史的〈人間〉の再検討:長田陽一
  • プレイセラピー(遊戯療法)におけるactuality:黒川嘉子
  • 生と死のあいだにおけるアクチュアリティ:多田万恵

〈エッセイ〉

  • 精神療法のアクチュアリティについて考える:林 直樹
  • 人生の交差点:北西憲二
  • 現実との境界に位置するもの:平島奈津子
  • 心理療法における問いかけとアクチュアリティ:三ナ奈穗
  • 新米心理士のアクチュアリティ:増田温子
  • MSSM のまもり:長岡由紀子
  • 心理療法が生きる:古谷 学

〈研究報告〉

  • 精神分析的心理療法で患者と治療者はいかに感じ考えるのか?―インタビュー研究から捉えた「行き詰まりとその脱却プロセス」:吉沢伸一

〈シリーズ/ケースの見方・考え方43-3〉

  • 小児の強迫症に対するプレイセラピー―心理教育と技法の解説:岡嶋美代

〈連  載〉

  • 鞄に硯を携えて―私の墨汁一滴 最終回 東大の山上会館での研究会,京大の京大会館での研究会,及び,若き南山大時代の研究会の思い出:山中康裕
  • プラグマティック精神療法のすすめ 第8回 プラグマティック精神療法の元祖,アルフレッド・アドラ−:和田秀樹

〈書  評〉

〈患者から学ぶ〉

  • 患者(当事者)に育ててもらった精神科医:比嘉千賀

[Review of Books Abroad]

  • Jessica Benjamin : Beyond Doer and Done to : Recognition theory, intersubjectivity and the third:北村婦美

〈海外文献抄録〉

  • 小川豊昭,他

〈学会の印象〉

  • 日本心理臨床学会第38回大会:元永拓郎
  • 日本家族療法学会第36回北海道大会:宮崎 愛

〈かたるしす〉

〈てらぺいあ〉

  • 傾聴を丁寧に学びあう:山本眞利子