自閉症スペクトラム研究第11巻特集号


A4判/127頁/定価(1,500円+税) 2014年2月刊


巻頭言 :小林重雄

第1部日本自閉症スペクトラム学会のこれまで

    Ⅰ日本自閉症スペクトラム学会10 周年記念号発刊にあたって
      会長退任のご挨拶/21世紀の自閉症の治療と教育、福祉のあり方:中根 晃
      共生社会の実現に向けて―退任挨拶/自閉性スペクトラム障害研究会の誕生に思う:野村東助
      自閉症スペクトラムの雑感―学会の発展を願いつつ:太田昌孝
      「日本自閉症スペクトラム学会10周年記念誌」発刊に際して:市川宏伸
    Ⅱ自閉症スペクトラム障害教育研究会発足
      自閉症スペクトル障害教育研究会の発足
    Ⅲ会報と研究紀要の発行
      1.会報の発行について
      2.研究紀要の発行について
    Ⅳ特定非営利活動法人への組織変更
      1.特定非営利活動法人設立まで
      2.理事会・評議員会・総会での検討
      3.会員への周知
    Ⅴ研究大会の開催
    Ⅵ資格の認定制度の創設と実施(資格認定講座の開催・資格認定者数)
      1.研究会から研修会、そして資格認定講座へ―資格の認定制度の創設
      2.資格認定講座の実施
      3.資格取得の手引き
      4.資格取得者の数について

第2部日本自閉症スペクトラム学会のこれから

    Ⅰ日本自閉症スペクトラム学会の今後
      「自閉症スペクトラム学会」のこれから:園山繁樹
      他分野との連携による実践と研究の方向:五十嵐一枝
      機関誌「自閉症スペクトラム研究」をめぐって:小林重雄
      資格認定委員長の抱負:渡部匡隆
      資格認定講座の充実を目指してX今野義孝
    Ⅱ「自閉症スペクトラム支援士」の今後:寺山千代子
    Ⅲ各支部長からの日本自閉症スペクトラム学会の今後
      学会の発展・支部の発展を願って:牧野誠一
      今後の東北支部の発展に期すること:千田光久
      これまでの支部活動と今後の展望(北陸支部):平谷美智夫・前田宣子
      日本自閉症スペクトラム学会10 周年に寄せて:伊藤健次
      学会の発展、支部の今後:谷 晋二
      スペクトラム学会10 周年記念号によせて:石川純子
      九州支部の活動:大隈紘子