家族療法研究 第1巻第1号


B5判/100頁/定価(本体2,000円+税) 1984年12月刊

■創刊にあたって:高臣武史
わが国における家族研究と家族療法の歩み:高臣武史・鈴木浩二
精神分裂病の家族研究−日大・井村グループの研究−:川久保芳彦・牧原 浩
無神経性無食欲症者の家族力動:下坂幸三・秋谷たつ子
家族療法と非言語:石川 元・大原健士郎

■特別記念講演

今日の家族療法:S. Minuchin(岩村由美子訳)

■事例研究

産後うつ病への夫婦療法:中村伸一

■入門講座Ⅰ

精神医療における家族療法の意義について―特に薬物療法と家族療法の併用を中心に―:鈴木浩二

■入門講座Ⅱ

家族療法への招待:牧原浩・中村伸一・野村直樹

■人物紹介

“家族療法の父”John E. Bell博士:鈴木浩二

■海外文献紹介

Anorexia Nervosa : The Hospital's Role in Family treatment:秋谷たつ子

■特別寄稿

境界例の家族療法経験から:小川信男

■書評

鈴木浩二著「家族救助信号」:亀口憲治
S・ミニューチン著「家族と家族療法」:斉藤 学
遊佐安一郎著「家族療法入門」:広瀬恭子
V・D・フォーリー著「家族療法」:志村宗生