家族療法研究 第4巻第1号


B5判/100頁/定価(本体2,000円+税) 1987年5月刊

■研究報告

一分裂病者に対する家族療法の試み―2,3の介入に関する考察―:志村宗生・志村由美子・牧原浩
すさまじい家庭内暴力を呈したてんかん児の家族療法:黒木宣夫・田中美代子
分裂病の同胞研究―家族史分析を行なった4症例―:綿貫健二・井上新平・長谷川憲一・近藤智恵子・伊勢田堯
円環モデルをめぐる諸問題―モデルの生成・発展の過程―:礒田朋子・清水新二・大熊道明

■ワークショップ

MRI短期集中療法(Brief Therapy)の理論と実際(1):Paul Watzlawick(鈴木浩二・鈴木 恵抄訳)
Watzlawickへのコメント―森田療法の立場から―:市川光洋

■入門講座

Communication論(基礎編):川久保芳彦

■人物紹介

“ミラノ派家族療法―システミック・アプローチ―の生みの親”Selimi-Palazzoli,Cechin,Pvata,Boscolo博士たち:鈴木浩ニ
Maurizio Andolfiとローマ派:石川 元

■書評

J・へイリー著「戦略的心理療法」:柴田 出
家族画研究会編「臨床描画研究Ⅰ」:都留春夫
石川義博・青木四郎著「思春期危機と家族」:金子寿子
アメリカ夫婦家族療法学会編著「家族療法辞典」:市川光洋
大原健士郎・石川元編「家族療法の理論と実際1」:広瀬恭子
R・フィッシュ他著「変化の技法」:乾 吉佑
G・R・ウィークス他者「逆説心理療法」:下坂幸三

■エッセイ

あるレクイエム:土居健郎
家族療法の明快さ:岩崎徹也