家族療法研究 第5巻第2号
特集  ライフ・サイクルと家族


B5判/100頁/定価(本体2,000円+税) 1988年11月刊

特集  ライフ・サイクルと家族

夫婦の絆−家事調停をめぐって−:佐竹洋人
思春期と母性−Stepfamilyに発症した神経性無食欲症の2症例を通して−:村上直人
働き盛りの父親と家族:鈴木浩二
中年女性の世代間関係:目黒依子
死と家族−夕ーミナル・ケアを通して−:柏木哲夫

■研究報告

てんかんの家族療法−心理教育と戦略的家族療法の併用−:緒方 明
非行臨床における権威とordeal−家庭裁判所における活用−:廣井亮一
家族の人間関係が変わることにより軽快した,子供の心身症(喘息)と,母のうつ状態:山本崇晴・西村豊・斎藤久子・国谷誠朗
老年入院患者の家族−第3報 合同面接の方法(その2)−:加藤一晃・大多和二郎・三須秀亮・小濱卓司・川久保芳彦

■入門講座

家族療法への招待(4):石川 元,竹内敏行,仲山順子

■人物紹介

分裂病の家族研究・家族療法の先駆者 Murray Bowen:鈴木浩二

■海外文献紹介

Phillip Barker: Basic Family Therapy:中村伸一

■追悼

家族療法の先駆者 Virginia M. Satir 女史逝く:鈴木浩二

■書評

J・へイリー 『戦略的心理療法の展開』:牧原 浩
M・マクゴールドリック,他『ジェノグラムのはなし』:束原美和子・下坂幸三
R・バンドラー,他『リフレーミング』:柴田 出

■エッセイ

老医のくりごと:懸田克躬