家族療法研究 第16巻第2号
特集 家庭内における暴力を臨床の中でどう扱うか


B5判/100頁/定価(本体2,000円+税) 1999年8月刊


■特集 家庭内における暴力を臨床の中でどう扱うか

特集にあたって:楢林理一郎
「家庭内暴力」に対する応急の対応について:下坂幸三
高齢者虐待:福山和女
親から子どもへの暴力(児童虐待):岡田隆介
〈座談会〉家庭内における暴力を臨床の中でどう扱うか:下坂幸三・岡田隆介・中村伸一・福山和女・楢林理一郎(司会)

■研究報告

母子共生関係を呈した一事例へのアプローチ――入院時の,特に看護者の関与を通して:秋枝憲子・邑田早苗・石川隆子
行為障害を呈した注意欠陥/多動性障害(ADHD)への生物・心理・社会的アプローチ――家族療法の視点:家族療法の視点から:緒方 明

■私と家族療法

家族療法家の体験過程モデルに向けて:亀口憲治

■人物紹介

家族研究と家族療法の立役者Lyman Wynne博士――その後の活躍とThe Wynne Cente の設立について:鈴木浩二

■ささやかな臨床経験から

対象関係論と家族療法:狩野力八郎

海外文献紹介

B・ケイド「ユーモアをシリアスに考える:モンティ・パイソン・フォーカスト・セラピー」:土岐篤史・小森康永

■書評

ワツラヴィック,他著/山本和郎監訳「人間コミュニケーションの語用論」:佐藤悦子
Family Pocess CD-ROM:鈴江 毅
ディヤング,バーグ著/玉真慎子,住谷祐子監訳「解決のための面接技法」:児島達美
斎藤学編「児童虐待[臨床編]」:早樫一男
牛島定信著「心の健康を求めて:現代家族の病理」:犬塚峰子
伊藤順一郎著「分裂病とつき合う:治療・リハビリ・対処の仕方」:湯沢茂子
山根常男著「家族と社会:社会生態学の理論を目ざして」:高梨 薫
ラップ著/江畑敬介監訳「精神障害者のためのケースマネージメント」:伊勢田堯

■隣接領域レポート

心理教育・家族教室ネットワーク第2回研究集会に参加して:望月美知子
日本家族心理学会第16回大会の印象:亀口憲治

■評議員会・総会報告

■エッセイ

家族の姿:青木省三