家族療法研究 第19巻第1号
日本家族研究・家族療法学会第19回大会抄録集


B5判/100頁/定価(本体2,000円+税) 2002年5月刊


日本家族研究・家族療法学会第19回大会抄録集

第19回大会の開催にあたって:福山和女
会場案内/プログラム一覧表/プログラム
抄録
    ワークショップ
    特別講演「家族とスピリチュアリティ」かかわり・いやし・ユーモア:アルフォンス・デーケン
    大会シンポジウム「児童と家族:初期支援に向けて」
      ソーシャルワーク実践の立場から:山崎美貴子
      児童相談所における子どもと家族への支援:児童虐待を中心として:犬塚峰子
      子育て家庭支援と子どもの権利保障:鮎京眞知子
      地域支援におけるネットワーク:内田江里
    大会第1日目
    大会第2日目

書評

ヘイリー編/森俊夫訳『ミルトン・エリクソン子どもと家族を語る』:矢野かおり
オハンロン,マーチン著/宮田敬一監訳『ミルトン・エリクソンの催眠療法入門』:大河原美以
フィッシュ,シュランガー著/長谷川啓三監訳『難事例のブリーフセラピー』:坂本真佐哉
クーパー著/岡本吉生・藤生英行訳『ブリーフ・セラピーの原則』:村上雅彦
下坂幸三編『心理臨床としての家族援助』:乾 吉佑
村瀬嘉代子著『子どもと家族への統合的心理療法』:犬塚峰子
吉川悟,村上雅彦編『システム論からみた 思春期・青年期の困難事例』:鈴木廣子
浅野智彦著『自己への物語論的接近』:妙木浩之
ダンカン,ハブル,ミラー著/児島達美,日下伴子訳『「治療不能」事例の心理療法』:岡留美子
若島孔文著『コミュニケーションの臨床心理学』:牧原 浩
カー,ボーエン著/藤縄昭,福山和女監訳『家族評価』:楢林理一郎