家族療法研究 第19巻第3号
特集 児童と家族:初期支援に向けて


B5判/100頁/定価(本体2,000円+税) 2002年12月刊


■第19回大会特別講演:家族とスピリチュアリティ

かかわり・いやし・ユーモア:アルフォンス・デーケン

特集  児童と家族:初期支援に向けて

シンポジウムによせて:福山和女
ソーシャルワーク実践の立場から:山崎美貴子
児童相談所における子どもと家族への支援:児童虐待を中心として:犬塚峰子
子育て家庭支援と子どもの権利保障:鮎京眞知子
地域支援におけるネットワーク:内田江里
コメント:狩野力八郎・西澤哲

■研究報告

手紙を媒介としたアプローチ:吉田晴美・村上雅彦
総合病院の病棟運営におけるリフレイミングの応用について:加来洋一・和田憲明・今井佳子・原伸一・村上雅彦・吉川悟

■誌上コンサルテーション

「子どもを叩いてしまう」と訴えてきた母親を,はたして支援しえたのか:衣斐哲臣
衣斐論文へのコメント:緒方明・村上雅彦
リコメント:衣斐哲臣

家族臨床:私の見立て

私の見立てと家族の“復権”:伊勢田堯

家族療法:ミニレビュー

ジェノグラムの書き方:最新フォーマット:中村伸一

海外文献紹介

C・M・アンダーソン編「聖域なき世界」:(監修)小森康永

海外の動向

メディカル・ファミリーセラピー・トレーニングに参加して:ジェノグラムと転移:渡辺俊之

特集への意見

ある精神病院におけるジレンマ:家族心理教育でまだあまり語られていないと思うこと:市橋香代
返信:伊藤順一郎・後藤雅博

書評

野口裕二著「物語としてのケア」:浅野みどり
B・ライト著/若林正訳「突然の死」:渡辺俊之
D・N・クリスチャンセン,他著/曽我昌祺,他監訳「解決志向ケースワーク」:生島 浩
S・J・ウォーリン,S・ウォーリン著/奥野光,小森康永訳「サバイバーと心の回復力」:金城理枝
T・グリーンハル,B・ハーウィッツ編/斎藤清二,他監訳「ナラティブ・ベイスト・メディスン」:狩野力八郎

隣接領域レポート

日本思春期青年期精神医学会:小倉 清
日本精神障害者リハビリテーション学会:野中 猛

学会活動報告

第12回世界精神医学会印象記:中村伸一

エッセイ

逆縁と親子の絆:広瀬徹也

評議員会・総会報告