家族療法研究 第20巻第2号
特集 家族療法の多様なアプローチ:摂食障害を例として


B5判/74頁/定価(本体2,000円+税) 2003年8月刊


特集  家族療法の多様なアプローチ:摂食障害を例として

特集にあたって:後藤雅博
自主シンポジウム“「家族療法」が産み出した「子どもたち」の現在とは”より
    ナラティヴ・セラピーの立場から:高橋規子
    システムズアプローチの立場から:坂本真佐哉
    外在化治療プロセス:阪 幸江
    心理教育の立場から:馬場安希
[座談会] :下坂幸三・坂本真佐哉・高橋規子・中釜洋子・後藤雅博(司会)
[座談会を終えて]:中釜洋子・高橋規子・坂本真佐哉・阪幸江・馬場安希

研究報告

学級崩壊を呈した学校へのシステムズ・コンサルテーション:危機介入の視点から:岡崎光洋・緒方明

誌上コンサルテーション

家族アセスメントに基づく家族支援:ソーシャルワーカーによる家族支援の実際:荻野ひろみ
荻野論文へのコメント:藤縄昭・福山和女
リコメント:荻野ひろみ

家族臨床:私の見立て

患者,家族,治療チームを含む治療システムへのクリニカル・コーディネーションにおける見立て:遊佐安一郎

家族療法:ミニレビュー

うつ病と家族:横山知行

海外文献紹介

Goldstein, T.R.他「双極性患者の家族における感情表出態度と精神病理との関係」:川嶋義章

人物紹介

Karl Tomm博士のその後の活躍ぶりと特徴的な家族療法:鈴木浩二

書評

C・J・オリーリ著/岡堂哲雄監訳「カップルと家族のカウンセリング」:亀口憲治
崎尾英子編「EMDR症例集」:大矢 大
小森康永,野口裕二,野村直樹編著「セラピストの物語/物語のセラピスト」:白木孝二
A・モーガン著/小森康永,上田牧子訳「ナラティヴ・セラピーって何?」:佐藤 豊

隣接領域レポート

日本社会精神医学会:竹島 正
SST普及協会:天笠 崇
評議員会・総会報告:大矢 大
追悼 加藤正明先生を追悼して:鈴木浩二
エッセイ 心理家族教育の事始め:江畑敬介