家族療法研究 第25巻第2号
特集 私の家族療法理論


B5判/100頁/定価(本体2,000円+税) 2008年8月刊



私の家族療法理論

特集にあたって:あらためて“私の家族療法理論”を尋ねるわけ:中釜洋子
私の家族療法:治療構造論的家族療法とメンタライジング:狩野力八郎
非行臨床家の立場から:生島 浩
家族療法:私の場合:中村伸一
構成的システムズアプローチ:遊佐安一郎
家族療法からシステムズアプローチの発展に漬かる:吉川 悟

■研究報告

自死遺族の夢の中での死者との再会:吉野淳一

■家族臨床:私の見立て

見立て違いと逆転移:渡辺俊之

■家族療法:ミニレビュー

「家」の思想をめぐって(2):中村伸一

■海外文献紹介

米国における家族療法スーパーヴァイザー教育の文献紹介:石井千賀子

■映画に見る家族

連想映画館:第5回『いつか眠りにつく前に』:団 士郎

■海外の動向

国際家族療法学会第16回大会:田村 毅,Dilk佳史恵,大内雅子

■書評

園田雅代,平木典子,下山晴彦編「女性の発達臨床心理学」:高橋規子
森岡正芳編「ナラティヴと心理療法」:児島達美
上別府圭子,森岡由起子編「サイコセラピューティックな看護」:香月富士日
K・エバンズ,他著/斎藤学監訳/白根伊登恵訳「虐待サバイバーとアディクション」:緒方 明
P・メイソン,R・クリーガー,他著/荒井秀樹,他訳「境界性人格障害=BPD」:安江高子
G・モンク,他編/国重浩一,バーナード紫訳「ナラティヴ・アプローチの理論から実践まで」:小森康永

■隣接領域レポート

日本EMDR学会:市井雅哉
日本質的心理学会:森岡正芳

■訃報

マイケル・ホワイト:小森康永
■評議員会・総会報告:生島 浩

■エッセイ

Bulimia nervosaへのチームによる統合的治療経験:松田孝治