家族療法研究 第31巻第1号
特集 第31回日本家族研究・家族療法学会抄録集


B5判/118頁/定価(本体2,000円+税) 2014年4月刊



■第31回大会の開催にあたって:植村太郎

■第31回大会抄録

    ワークショップ
    ミニ・ワークショップ
    基調講演「30年後の家族療法」:植村太郎
    特別講演「「開かれた対話」と「人薬」」:斎藤 環
    メインシンポジウム〈“家族療法”が化石になる日〉
    大会企画シンポジウム
    一般演題
    臨床報告
    自主シンポジウム
    演題一覧

特集 東日本大震災支援:JAFT東日本大震災支援委員会

    特集にあたって:後藤雅博
    東日本大震災への家族支援・支援者支援:現状と課題:福島からの報告(3):生島 浩
    家族療法に基づく「あいまいな喪失」への支援:福島における支援者支援の経験から:石井千賀子・瀬藤乃理子
    東北大学PTG グループの活動:家族療法の経験がどう役立つか:若島孔文
    東日本大震災後のコミュニティと地域精神保健医療福祉システム再構築の課題:支援者によるワールドカフェ方式の対話から:鈴木友理子・深澤舞子・池淵恵美・後藤雅博・種田綾乃・永松千恵・伊藤順一郎
    東日本大震災支援:被災後3年間を振り返る:鈴木廣子

■学会活動報告

地域ワークショップin新潟のご報告:横谷謙次

■評議員会・総会報告

村上雅彦