家族療法研究 第31巻第2号
特集 「家族研究」温故知新


B5判/118頁/定価(本体2,000円+税) 2014年9月刊



「家族研究」温故知新

特集にあたって:小森康永 フリーダ・フロム-ライヒマン:「分裂病原性の母親」と家族研究に影響を及ぼした過程:藤城 聡 『精神の生態学』とつながる:中野真也 パロアルト・グループは,ダブルバインド概念を使ってどのように症例を検討していたのか?:小森康永 「複合家族療法の父」とその父:Hans Peter Laqueur,家族心理教育の一つの源流:後藤雅博 家族看護の介入研究における「家族」の捉え方と介入効果の評価:菊池良太,目麻里子,水越真依,佐藤伊織,福澤利江子,池田真理,上別府圭子 下坂幸三の摂食障害家族研究:彼自身のレビューから:中村伸一

■[新企画]家族療法家への質問

「家族研究・家族療法必読文献を5本教えて下さい」:楢林理一郎,生島 浩,福山和女

■家族療法・ミニレビュー

精神保健福祉法改正:池原毅和 民法改正(900 条非嫡出子相続):河野 聡

■映画に見る家族

連想映画館:第17回 『あなたを抱きしめる日まで』:団 士郎

■書評

ジョーエレン・パターソンほか著「家族面接・家族療法のエッセンシャルスキル」:近藤直司,尾崎 仁,近藤典子
ハーレーン・アンダーソン,野村直樹著「協働するナラティヴ」:楢林理一郎
ハーヴェイ・チョチノフ著「ディグニティ・セラピー」:宋敏鎬
ジュリー・A・ロスほか著「離婚後の共同養育と面会交流」:岡本吉生
夏苅郁子著「心病む母が遺してくれたもの」:大森美湖
長濱晴子・長濱直志著「両親四人看送りの記」:児玉久仁子

■海外の動向

Asian Academy of Family Therapy(AAFT)について:田村 毅

■海外文献紹介

Lee W.Y., et al. : Asian couples in negotiation: A mixed-method observational study of cultural variations across five Asian regions.:渋沢田鶴子
■評議員会・総会報告:生島 浩

■エッセイ

加害者の家族について思うこと:中根允文