家族療法研究 第32巻第3号
特集 チーム医療としてのバイオサイコソーシャル


B5判/118頁/定価(本体2,000円+税) 2015年12月刊



特集 チーム医療としてのバイオサイコソーシャル

  • 「チーム医療としてのバイオサイコソーシャル」に寄せて:小森康永
  • チームアプローチの基礎:システムと感情:渡辺俊之
  • 小児科におけるBPS:村上雅彦・藤田仁志
  • 心療内科:単独で,あるいはコーディネーターとして:福永幹彦・木場律志・町田英世
  • 私の深化するバイオサイコソーシャルアプローチ:精神科診療所での経験から:五十嵐善雄
  • 総合病院の心理臨床の経験から:岡田乃利子
  • 精神科チーム医療におけるバイオサイコソーシャル:後藤雅博
  • 家庭医療/プライマリ・ケア:竹中裕昭

■研究報告

家族看護学を学んだ看護師の家族の捉え方に表れる特徴:畠山とも子・児玉久仁子・手島美子・渡辺俊之
中年期夫婦は葛藤をどのように扱うのか?:会話分析による臨床群と健常群の比較検討:藪垣 将・中村伸一

■家族療法家への質問「家族研究・家族療法必読文献を5本教えて下さい」

児島達美・植村太郎

■家族療法・ミニレビュー

社会的養護における里親制度:尾里育士

■映画にみる家族

連想映画館:第20回 『海街diary』:団 士郎

■書評

  • ポーリン・ボス著 「あいまいな喪失とトラウマからの回復」:中野英子
  • 斎藤 環著+訳 「オープンダイアローグとは何か」:工藤由佳
  • マイケル・ウンガー著 「リジリアンスを育てよう」:生島 浩
  • 信田さよ子著 「アディクション臨床入門」:荒井浩道
  • 針間克己,平田俊明編著 「セクシャルマイノリティへの心理援助」:浅野藤也
  • バーバラ・ブルームフィールド,クリス・ラドリー著 「まんが カップル・セラピー」:丸山由香子
  • 小森康永著 「ナラティブ・メディスン入門」:佐藤律子
  • ニキ・ウェルドほか著 「「三つの家」を活用した子ども虐待のアセスメントとプランニング」:衣斐哲臣
  • 廣井亮一著 「家裁調査官が見た現代の非行と家族」:市村彰英
  • ドン・D・ジャクソン著/ウェンデル・A・レイ編 「家族相互作用」:田中 究

■海外の動向

ロチェスター大学メディカル・ファミリー・セラピー研修記:辻井弘美

■追悼

狩野力八郎先生を悼む:渡辺俊之・渋沢田鶴子

■評議員会・総会報告

村上雅彦

■エッセイ

家族の健康な機能:岩崎徹也