家族療法研究 第33巻第1号
特集 リジリアンスを知る


B5判/118頁/定価(本体2,000円+税) 2016年4月刊



特集 リジリアンスを知る

  • はじめに:小森康永
  • 最初のリジリアンス研究:ワーナーとスミス:松嶋秀明
  • 発達精神病理学とリジリアンス:マイケル・ラター:土岐篤史
  • 問題の多い家族で育ったサバイバーのリジリアンス:ウォーリンとウォーリン:奥野 光
  • 社会構成主義のリジリアンス:マイケル・ウンガー:精神科診療所での経験から:小森康永
  • 家族レジリエンス:得津愼子
  • リジリアンスと宗教:遠藤勇司
  • あいまいな喪失とリジリアンス:石井千賀子,黒川雅代子,瀬藤乃理子,中島聡美

■事例研究

親に捨てられたと信じていた男子高校生が児童養護施設から自立に至るまでの一考察
 :親子関係の再構築を目指した家族支援:中富尚宏
中年期夫婦は葛藤をどのように扱うのか?:会話分析による臨床群と健常群の比較検討:藪垣 将・中村伸一

■誌上コンサルテーション

トレーニングを兼ねたスーパーヴィジョン実践:「システミックな視点から見たニーズ」をポイントとして:中野真也
コメント:児島達美,白木孝二
リコメント:中野真也

■家族療法家への質問「家族研究・家族療法必読文献を5本教えて下さい」

岡本吉生,緒方 明

■家族療法・ミニレビュー

ナラティブ・メディスン:安達映子

■映画にみる家族

連想映画館:第210回 『駆け込み女と駆け出し男』:団 士郎

■書評

■海外の動向

アジアから発信する家族療法:田村 毅

■海外文献紹介

Tomas F. Fogarty の臨床的思索:丸山由香子,中村伸一

■評議員会・総会報告

村上雅彦

■エッセイ

私の家族療法観:日本家族研究・家族療法学会の外野席応援団員として:丸山 晋