臨床心理学 第1巻第4号

特集 家族の現在と家族療法


B5判/150頁/定価(本体1,600円+税) 2001年7月


特集  家族の現在と家族療法

臨床家として家族療法を学ぶ:長谷川啓三
家族療法の技法の変遷:国谷誠朗
家族療法とシステム論の変遷:十島雍蔵
社会学の家族研究から学ぶ:山本正和
家族療法の実際:若島孔文
夫婦療法の考え方と実際:佐藤悦子
個人療法臨床からみた家族:氏原 寛
家族アセスメントの現在:佐藤宏平
家族システムの記述:亀口憲治
家族療法の記述システム:石川瞭子
精神障害を持つ人の家族への援助:赤須知明
コラム 家族面接入門:面接をイエスで貫く:長谷川啓三/事件や事故などによる家族喪失:三木善彦/動物にしつけはあるか:長谷川眞理子/ひきこもりと家族グループ:諏訪真美/インセストタブーについて:河合雅雄

資料

変化への抵抗と抵抗処理:若島孔文

報告

とちぎセルフ・ヘルプ情報支援センターの設立について:岡田正彦
「黒字報告会」の試み:石崎淳一ほか

臨床ゼミ

心理検査 Vol.Ⅱ-1 風景構成法の基礎:山中康裕

連続講座

「臨床心理学―見たてと援助,その考え方―」(4)臨床心理学の理論:河合隼雄
「精神療法家の仕事」(4)面接のはじまり―その1―:成田善弘
セラピストのためのフォーカシング入門(3)あなたがあなたでいるために:日笠摩子

臨床心理学の最新知見

第3回 EBMからNBMへ(後編):斎藤清二ほか

臨床心理学キーワード

第3回 アクスラインの8原則/制限/攻撃:弘中正美

エッセイ

リンショウゲンバ:04 産業心理臨床の市場性:児島達美
Ecce!:002 老いと過去―映画『野いちご』:鑪幹八郎

臨床家のためのこの1冊

M・バリント著『治療論からみた退行』山中康裕

海外文献紹介

Paul Wachtel“Psychoanalysis, Behavior Therapy, and the Relational World”杉原保史

書  評

V・B・V・ハッセルほか編『エビデンス ベイスト 心理治療マニュアル』:下山晴彦
酒井明夫ほか編『文化精神医学序説―病い・物語・民族誌』:山中康裕
ジェイ・ヘイリー著『アンコモンセラピー―ミルトン・エリクソンのひらいた世界』:長谷川啓三

Book Review

『ガイドブック心理療法』
『心的トラウマの理解とケア』