臨床心理学 第3巻第6号


特集 心的外傷


B5判/180頁/定価(本体1,600円+税) 2003年11月


特集  心的外傷

心的外傷:成田善弘
心的外傷の概念:小西聖子
PTSDの診断をめぐる問題:西澤 哲
外傷概念の変遷と治療論のゆくえ:岡野憲一郎
境界例と心的外傷:伊藤良子
解離性同一性障害概念の検討と心理療法:一丸藤太郎
心的外傷:災害被災者について:杉村省吾
児童虐待と心的外傷:渡辺久子
電話相談にみる児童虐待:深津佐千子
被害者の支援と心的外傷:神谷栄治
心的外傷と記憶をめぐって:江口重幸

連続講座

こころと精神のはざまで 6)「内閉論」の展開─その2─:山中康裕
私説 対象関係論的心理療法入門――精神分析的アプローチのすすめ 5章 口のはさみ方:松木邦裕
ブリーフセラピー入門――セラピーをスリムにする(5)ナラティヴ・セラピーとNBM:吉川 悟

臨床ゼミ

電話相談の考え方とその実践 第6回 電話相談におけるアセスメント:津川律子
女性の発達臨床心理学 第6回 女性心理臨床家に今,必要なもの(2):下山晴彦

連載

臨床心理学の最新知見 「臨床」におけるグラウンデッド・セオリー・アプローチのすすめ:木下康仁
臨床心理学キーワード 第17回 イニシエーション/臨床の知/関係性:河合隼雄
エッセイ:リンショウゲンバ18 糖尿病患者への心理援助:久保克彦
学校臨床のヒントVol.6 家庭訪問のポイント:長坂正文
記憶に残る臨床体験009 こちらの世界に来てしまったクライエント:平木典子

臨床家のためのこの1冊

M−L・フォン・フランツ著『永遠の少年』:菅佐和子

海外文献紹介

Marianne Schneider Corey & Gerald Corey“Becoming a Helper”:堀越 勝

書評

斧谷彌守一編『リアリティの変容?』:河合俊雄
松尾恒子編『母と子の心理療法』:滝口俊子
倉光 修著『心理臨床の基礎3』:下田節夫
遠藤裕乃著『ころんで学ぶ心理療法』:氏原 寛
ジョン・マツィリア,ジョン・ホール著『専門職としての臨床心理士』:村山正治

■第3巻総目次/第3巻人名索引