臨床心理学 第4巻第4号


特集 グループと心理臨床


B5判/160頁/定価(本体1,600円+税) 2004年7月


特集  グループと心理臨床

いまなぜグループか:村山正治
個人療法家のための「集団」的視点:高良 聖
グループの実践:国際紛争解決にとり組むプロセス指向心理学:藤見幸雄
グループの実践:コミュニティ・グループワーク:窪田由紀
グループの実践:不登校生徒へのアプローチ:池田豊應
グループの実践:病院におけるサイコエデュケーションとSST:皿田洋子
グループの実践:学校とネットワーク:倉光 修
グループの実践:被害者支援とディブリーフィング:本田恵子
ファシリテーター論の現況:安部恒久
グループ・スーパービジョンの意義:小谷英文
コラム
ファンタジー・グループ:岡田康伸/ゲシュタルト・アプローチ:倉戸ヨシヤ/臨床家が知っておくべき「集団力動」:西川昌弘/私の集団観:河合隼雄

提言/視点

循環器科臨床と臨床心理学との接点を考える:山田武彦

連続講座

こころと精神のはざまで(10)自殺者との遭遇─その2─:山中康裕
私説 対象関係論的心理療法入門――精神分析的アプローチのすすめ 9章 精神分析的心理療法のプロセス:松木邦裕
子どもに関する法律入門――臨床実務家の手引き(3)非行少年─その2─:廣瀬健二

臨床ゼミ

電話相談の考え方とその実践 第10回 電話相談の実際:医療の電話相談:佐保紀子,齋藤洋美
女性の発達臨床心理学 第10回 ドメスティック・バイオレンス(DV):景山ゆみ子

連載

臨床心理学の最新知見 第21回 カンガルーケア:橋本洋子
臨床心理学キーワード 第21回 きく/よむ/まつ:桑原知子
エッセイ:リンショウゲンバ22 小児科での毎日:塚百合子
学校臨床のヒント Vol.10 保護者のカウンセリング:本間友巳
記憶に残る臨床体験 014 セラピストはクライエントに育てられる:織田尚生

臨床家のためのこの1冊

Lynn Hoffman著『Family Therapy』:亀口憲治

海外文献紹介

Garry L Landreth“Play Therapy”角野善宏

書評

松島恭子著『臨床実践からみるライフサイクルの心理療法』:岡本祐子
M・コーリィ,G・コーリィ著『心理援助の専門職になるために』:氏原 寛
成田善弘著『セラピストのための面接技法』:田嶌誠一