臨床心理学 第5巻第5号


特集 心理臨床と精神分析


B5判/180頁/定価(本体1,600円+税) 2005年9月


特集 心理臨床と精神分析

サイコロジストのための精神分析学:北山 修
最近の精神分析事情入門:川畑直人
器に収める−こころに納まる:栗原和彦
心理臨床における個人分析の意義:平井正三
病院臨床における主治医と心理セラピストの関係を分析する:祖父江典人
ロールシャッハ・テストにおける力動的理解の現在:黒田浩司
母子並行面接における精神分析の貢献と問題点:吉田弘道
大学のディスクールと精神分析:須藤春佳,伊藤良子
リサーチと精神分析臨床の間:アタッチメント理論を中心に:工藤晋平
いま,フロイトを読む意味:井口由子
精神分析はどこへ行くのか:一丸藤太郎
◆精神分析批判
    権威からの脱却,より実証的なものへ:久野能弘
    エビデンスにもとづく精神分析療法に向けて:丹野義彦
    精神分析に言いたいこと:森岡正芳
    精神分析批判の3つの意義:岡村達也
    私からみた精神分析:田嶌誠一
    精神分析の歴史性と『無意識』の概念:河合俊雄

研究論文

「共感的理解」を体験している治療者の状態に関する理論的検討:小林孝雄
小林孝雄論文へのコメント:成田善弘,岡 昌之

連続講座

「創造性と精神分析」 (5)心の台本を読む:北山 修
「アセスメントのすすめ方」 (5)どのような枠組みに基づいてアセスメントをするのか:下山晴彦
「グループというテクニック」 (3)初期グループの理解と対応:高良 聖

臨床ゼミ

ナラティヴと心理療法 第4回「体験という物語:体験療法の新しい展開」:諸富祥彦

特別寄稿

保育カウンセラー制度の創設と実際:鶴 光代,水谷友吏子

連載

臨床心理学の最新知見 第28回 DV加害者への心理援助:藤吉晴美
臨床心理学キーワード 第28回 変化の段階/モチべーショナル・インタビュー/再発防止:藤岡淳子
エッセイ:リンショウゲンバ 29 異国での日々――留学生相談の日常:高松 里
学校臨床のヒント Vol.16 学校医からの提言:有井悦子
記憶に残る臨床体験 020 夢:氏原 寛

臨床家のためのこの1冊

コンラート・ローレンツ著『ソロモンの指環』:西村洲衞男

海外文献紹介

Christine Longaker“Facing Death and Finding Hope”:伊原千晶

書評

C・R・ロジャーズ著『ロジャーズ主要著作集1 カウンセリングと心理療法』:森岡正芳
福岡県臨床心理士会編,窪田由紀・向笠章子・林 幹男・浦田英範著『学校コミュニティへの緊急支援の手引き』:石田陽彦
山中康裕・東山紘久ほか編『京大心理臨床シリーズ 1〜3』:野島一彦
牟田悦子編『LD・ADHDの理解と支援』,E・D・コープランド,V・L・ラヴ著『教師のためのLD・ADHD教育支援マニュアル』:鶴 光代