臨床心理学 第6巻第6号


特集 母と子:周産期と乳幼児期への心理援助


B5判/160頁/定価(本体1,600円+税) 2006年11月


特集 母と子:周産期と乳幼児期への心理援助

総論:なぜ今,周産期と乳幼児期なのか:鶴 光代
乳幼児精神保健へのいざない:渡辺久子
周産期の心理臨床:橋本洋子
妊娠中からの心理的サポート:永田雅子
重症の赤ちゃんと家族の道程に同行して:稲森絵美子
赤ちゃんの死をめぐって:宇野知子
しょうがいを持つ赤ちゃんとの家族のはじまりを支援して:岡田由美子
小児科における乳幼児心理臨床:松嵜くみ子,板橋家頭夫
臨床動作法を用いた赤ちゃんへの心理援助:藤吉晴美
言葉のない幼児とのプレイセラピー:大久保もえ子
コラム 周産期・新生児医療の現場に臨床心理士が求められる理由:堀内 勁/親の立場から臨床心理士に期待すること:安斎砂知子/父親の参加:吉田弘道/保育カウンセリング:滝口俊子

報  告

学校や地域で臨床心理士が担う講演会・研修会の実践報告:小林幹子,浦木恵子

連続講座

「創造性と精神分析」 (最終回)歌が生まれる:北山 修:北山 修
「アセスメントのすすめ方」 (最終回)初回面接では何をするのか(3):下山晴彦
「家族のための心理援助」 (4)文脈の視点から家族と関わる:中釜洋子

臨床ゼミ

ナラティヴと心理療法 第11回「回想法と内観」:村瀬嘉代子,高山充代
発達障害児への心理的援助 第6回「保護者への援助」:針塚 進

連載

臨床心理学の最新知見 第35回 催眠とイメージの最新知見:大谷 彰
臨床心理学キーワード 時の女神/依存と自立のサイクル/スキンシップ:山下一夫
エッセイ:リンショウゲンバ 36 児童館の子育て相談:田中周子
医療心理臨床のヒント Vol.4 デイケア・作業所――復帰に向けて:進藤義夫
記憶に残る臨床体験 027 母の表情から,今度のところは行ってみようか:佐藤忠司

臨床家のためのこの1冊

C・R・ロジャーズ 著『ロジャーズが語る自己実現の道』:諸富祥彦

海外文献紹介

ed by Chris Mace“The Art and Science of Assessment in Psychotherapy”:神谷栄治

書評

P・ガレティ,D・ヘムズレイ著『妄想はどのようにして立ち上がるか』:角野善宏
村瀬嘉代子他著『心理臨床という営み』:岸本寛史
廣川 進著『失業のキャリアカウンセリング』:高橋美保
上里一郎監修,野村豊子編『シリーズ こころとからだの処方箋〈6〉高齢者の「生きる場」を求めて』:黒川由紀子