臨床心理学 第9巻第3号


特集 子ども臨床において事実を分かちあう


B5判/160頁/定価(本体1,600円+税) 2009年5月


特集 子ども臨床において事実を分かちあう

    子どもと事実を分かちあうことと生きること:村瀬嘉代子
    子どもの意志決定(法の立場から):廣瀬健二
    子どもの司法面接:田中周子
    自分に出会う面接:橋本和明
    非血縁親子関係と人間の絆:才村眞理
    子どもの意見を聴く:徳井 浩
    病む子どもの傍らで:小池眞規子
    子どもが障害を受け止めるとき・子どもと障害を分かちあうとき:田中康雄
    子どもと共に障害を受け止める:山岡 修
    社会的養護児童と事実を分かちあうこと:楢原真也
    エッセイ 事実を受け止めていくための人・場・時:ニキ・リンコ/繋がる世界,繋がる工夫:佐藤義/事実をどう受けとめ,分かち合ったか?:市川太郎

原著論文

自殺系掲示板の持つ自殺予防効果の構造:末木 新

研究論文

自死遺族に対する大学生の態度に関する探索的研究:山中 亮・田上恭子

つなげよう―発達障害のある子どもたちに私たちができること (7)それぞれの求めに応じて(2):田中康雄
感情と体験の心理療法 (2)感情のアセスメントⅠ―Emotion Assessment 1:岩壁 茂
認知行動療法を学ぼう (12)精神科クリニックでのCBT(不安障害):勝倉りえこ・林潤一郎・原田誠一
対談 統合的心理援助の話―ふつうのこと・ひろがること・つなげること (5)統合的アプローチと思春期臨床:村瀬嘉代子+青木省三
臨床心理学の最新知見 (50)攻撃性の高い中学生へのアプローチ:桜井美加
臨床心理学キーワード (49)病の意味/無意識的身体心像/脳と心:岸本寛史
エッセイ:リンショウゲンバ (51)文化としての「死」:大村哲夫
医療心理臨床のヒント (19)グループワーク:高桑洋介
記憶に残る臨床体験 (43)面接終結後もカウンセラーはクライエントの中で生きている:塩山二郎

臨床家のためのこの1冊

R・ブリトン著『信念と想像:精神分析のこころの探究』:吉田弘道

海外文献紹介

Wykes T & Reeder C “Cognitive Re-mediation Therapy for Schizophrenia : Theory & Practice”:中坪太久郎

書評

原田憲一著『精神症状の把握と理解』:高橋美保
宮本信也・田中康雄著『発達障害とその周辺の問題』:井原成男
N・シミントン著『精神分析とスピリチュアリティ』:館直彦
加賀乙彦著『死刑囚と無期囚の心理』:伊藤直文
A・T・ベック,J・ベック著『Beck & Beckの認知行動療法ライブセッション』:下山晴彦
向谷地生良 著『統合失調症を持つ人への援助論』:進藤義夫

Book Review