臨床心理学 第14巻第1号


特集 シリーズ・発達障害の理解@ 発達障害の理解と支援


B5判/160頁/定価(本体1,600円+税) 2014年1月


特集:シリーズ・発達障害の理解@ 発達障害の理解と支援

1 発達障害の理解と支援に向けて

    座談会:発達障害の理解と支援:下山晴彦・辻井正次・森岡正芳・村瀬嘉代子

2 発達障害の心理臨床

    発達障害のある人の人生に寄り添うこと:村瀬嘉代子
    発達障害のある人が障害特性を持ちながら生活することを支える研究と支援:辻井正次

3 ライフサイクルにおける発達障害とその支援の発展

    不登校・学校での不適応の背景として:瑙ノ伸哉
    子ども虐待の背景として:永田雅子
    神経発達障害を考える―触法行為の背景として:門本 泉
    発達障害を背景とするひきこもりケースについて:近藤直司

4 発達障害の理解と支援に向けて

    子どもの育ちを支える家族への支援―保護者ときょうだいへの支援のあり方:中田洋二郎
    幼児期や学齢期の問題行動を適応行動に変える―応用行動分析からのアプローチ:井上雅彦
    認知行動療法スキルトレーニング:明翫光宜
    スクールカウンセリングでの発達障害への支援―学校現場の支援における現実:伊藤亜矢子
    自分の障害を理解する―自己理解支援:木谷秀勝
    成人期の豊かな生活のための支援を構築する―福祉的支援への橋渡し:肥後祥治・松田裕次郎

連 載

    ペアレント・プログラム入門―発達障害や子育てが難しい時の最初のステップ (1) 
     ペアレント・プログラムを始める:辻井正次
    当事者家族として臨床心理専門職にわかっていてほしいこと@:河島淳子
    当事者家族として臨床心理専門職にわかっていてほしいことA―私の受けたカウンセリングで思うこと:森口奈緒美

投 稿

原著論文 
諦めることに対する認知尺度の作成と検討:菅沼慎一郎
失業者のメンタルヘルスに対する影響要因の検討―就労の機能に注目して:高橋美保・森田慎一郎・石津和子
展望研究
うつ病と職場内人間関係―休職者の職場復帰と上司や同僚のサポートに着目して:森田慎一郎・木下玲子・宮岡 等

連続講座

解離への眼差し(11) 「解離の治療論A」:柴山雅俊
こころの栄養学(4) 「うつ病と栄養素・運動療法の効果」:功刀 浩

臨床ゼミ

アディクション―ゆるやかな共助のためのエチュード(5) 「人が行動を変えるとき―動機づけ面接」:岡嶋美代

リレー連載

臨床心理学・最新研究レポート(7) 「終わりなき日常と心理療法―日々の不安の変動から治療効果を予測する」:杉浦義典
臨床シンポジウム―近接領域との対話(6) 「臨床心理学への期待」/「心理職として,改めて覚悟しつつ」:河村建夫/野島一彦
臨床現場から動きを創る(6) 「医療観察制度にかかわって」:壁屋康洋
主題と変奏―臨床便り(6) 「言葉の生まれてくるところ」:村久保雅孝

書 評

エドナ・B・フォアほか編著『PTSD治療ガイドライン 第2版』(評者:伊藤正哉)
日本家族研究・家族療法学会編『家族療法テキストブック』(評者:平岡篤武)