臨床心理学 第14巻第2号


特集 シリーズ・発達障害の理解A 社会的支援と発達障害


B5判/160頁/定価(本体1,600円+税) 2014年3月


特集:シリーズ・発達障害の理解A 社会的支援と発達障害

1 社会的支援と発達障害

    座談会:社会的支援と発達障害1:尾辻秀久・村木厚子・下山晴彦・辻井正次・森岡正芳・村瀬嘉代子

2 社会的支援と発達障害

    総説:社会的支援と発達障害:辻井正次
    発達障害概念の社会性―人は障害をどう生きるか:森岡正芳・山本智子
    DSM-5における生涯発達の視点:黒木俊秀

3 つなげる支援

    乳幼児健診において発達相談から療育にどうつなげていくのか:中島俊思
    支援をつなぐ発達相談―家族支援の広がりのために:中田洋二郎
    療育での成長を小学校にどうつなげていくのか:小笠原恵
    適応が難しい事例を医療・福祉・教育にどうつなげるか:井上雅彦・松尾理沙・原口英之
    高校教育から就労支援にどうつなげていくのか:木谷秀勝
    地域で孤立する成人を支援の場にどうつなげていくのか:萩原 拓

4 困難な場所でのつなげる支援

    児童養護施設の発達障害の子どもたち:宮地菜穂子
    児童自立支援施設の発達障害の子どもたち:望月直人
    触法障害者が地域で生活できるための取り組み:岡本英生

連載

    ペアレント・プログラム入門―発達障害や子育てが難しい時の最初のステップ 
     第2回 ペアレント・プログラム 第1回セッション:辻井正次
    当事者家族として臨床心理専門職にわかっていてほしいことC:明石洋子
    当事者家族として臨床心理専門職にわかっていてほしいことC:高森 明

投 稿

原著論文
「新型うつ」の特徴を有するうつ病社員への上司の対応:中野美奈
小学校の若手スクールカウンセラーは教師とどのように関係を構築するのか
 ―経験年数5年未満のスクールカウンセラーへのインタビュー調査から:割澤靖子・曽山いづみ・須川聡子・山本 渉
個別法と集団法のバウムテストにおける幹表面の表現の比較:佐渡忠洋・坂本佳織・岸本寛史

連続講座

解離への眼差し(12) 「場所と眼差し」:柴山雅俊
こころの栄養学(5) 「アルツハイマー病と栄養@」:功刀 浩

臨床ゼミ

アディクション―ゆるやかな共助のためのエチュード(6) 「「力」のアディクション―封印された「恐れ」と「暴力」」:藤岡淳子

リレー連載

臨床心理学・最新研究レポート(8) 「子どもの心理療法における早期終結」:岩壁 茂
臨床シンポジウム―近接領域との対話(7) 「臨床心理学への期待」/「天野氏のご意見に応えて」:天野常彦/高橋美保
臨床現場から動きを創る(7) 「地元での支援の展開」:青山正紀
主題と変奏―臨床便り(7) 「"そのものがたり"―「ナラティヴ変奏曲」」:野村直樹

書 評

村瀬嘉代子監修・東京学校臨床心理研究会編『学校が求めるスクールカウンセラー―アセスメントとコンサルテーションを中心に』
 (評者:増田健太郎)
黒沢幸子・森 俊夫・本永拓郎著『明解! スクールカウンセリング―読んですっきり理解編』(評者:石川悦子)
内山登紀夫著『ライブ講義―発達障害の診断と支援』(評者:白石雅一)