こころの健康第21巻第2号

特集 こころの健康をめぐる制度変革について


B5判/100頁/定価(本体1,500円+税) 2006年12月刊


特集 こころの健康をめぐる制度変革について

障害者自立支援法とこころの健康:吉川武彦
労働安全衛生法の改正とメンタルヘルス:廣 尚典
高齢者虐待防止法制定の意義と実践的課題:萩原清子
介護保険制度改定について:松岡恵子

研究班報告

高齢者と介護者の心の絆と世間の協力体制づくり―研究班の歩みと課題と展開:喜多祐荘

研究報告

ひきこもり状態にある人を待つ家族の受療行動:中村 光
看護師の働きがいの構成要素と影響要因に関する研究――急性期病院に勤務する看護師を対象とした分析から――:船越明子
自殺の新聞報道の現状と問題点――「ネット自殺」以降の新聞報道の内容分析を通して――:坂本真士,影山隆之

事例報告

スピリチュアルエマージェンスとしてクンダリニーの覚醒をみた事例――トランスパーソナル心理学からの知見を援用したカウンセリング――:下田 僚

報  告

書記的カウンセリングの一方法としての感情表出法の考察――心理アセスメントの可能性に注目して――:池田なをみ

資  料

北海道家庭生活カウンセリングセンターの電話相談にみる育児不安の変化について――平成元年と平成12年の比較――:長谷川理絵子,牧谷孝子,善養寺圭子,村田忠良

ブックガイド

眠りについて理解するための10冊:影山隆之

書  評

佐藤正二,佐藤容子編著「学校におけるSST実践ガイド」:稲本絵里
上里一郎監修,田中秀樹編「高齢期の心を活かす」:田村充子
元永拓郎,早川東作編著「受験生,こころのテキスト」:影山隆之