こころの健康第26巻第1号


B5判/94頁/定価(本体1,500円+税) 2011年6月刊


東日本大震災に際しての日本精神衛生学会の活動

日本精神衛生学会編集委員会
「心の相談緊急電話」開設:高塚雄介
「心の相談緊急電話」研修会:中野良吾
「心の相談緊急電話」経過報告:重村朋子

第26回大会から

大会長講演 学校と精神衛生―なぜ不登校は減らないのか―:中野明
大会企画シンポジウム「精神衛生の実践」 北海道家庭生活総合カウンセリングセンターの実践:善養寺圭子
大会企画シンポジウム「精神衛生の実践」 小さなクリニックでもできる精神衛生活動:児玉隆治
大会企画シンポジウム「土居健郎の遺産」 心の臨床とは何か:熊倉伸宏
大会企画シンポジウム「土居健郎の遺産」 「甘え」理論を臨床で如何に活用するか:中野幹三
大会企画シンポジウム「土居健郎の遺産」 信仰者としての土居健郎:森田 明

特別寄稿

活動の始まりの頃 高知県駐在保健婦の活動からみる精神保健活動:眞崎直子,的場由木,竹島 正

事例報告

末期がん患者との精神療法―スピリチュアルペインを通して生きた意味を問う患者を支援する―:岡元彩子

資料

インターネット上での自殺報道の現状―Google Newsを対象とした報道内容の分析―:末木 新
レイプ神話に関する大学生の意識調査:岩崎直子

レター

オーストラリア ヴィクトリア州における精神障がい者の居住型施設のケア:河野由理 ブックガイド 自傷行為について理解するための5冊:勝又陽太郎

書評

藤岡孝志監修 日本社会事業大学児童ソーシャルワーク課程編『これからの子ども家庭ソーシャルワーカー―スペシャリストの養成』加藤 純
元永拓郎著『新しいメンタルヘルスサービス―システムをどう作るか?』佐藤裕美
坂本真士著『抑うつと自殺の心理学―臨床社会心理学的アプローチ』影山隆之

第26回日本精神衛生学会 一般演題抄録