詳細目次と執筆者

    序 章:蜂矢英彦

第Ⅰ部 精神障害リハビリテーションの基本的枠組み

    第1章 歴史と概念

      第1節 歴 史:蜂矢英彦
      第2節 概 念:田中英樹
      第3節 医療的位置づけ:伊藤哲寛
      第4節 社会的位置づけ:寺谷隆子

    第2章 障害の構造

      第1節 歴 史:佐藤久夫
      第2節 モデル:中川正俊
      第3節 医療的適用:伊勢田堯
      第4節 社会的適用:後藤雅博

    第3章 理念と視点

      第1節 精神障害リハビリテーションにおける包括的視点:西園昌久
      第2節 生物学的視点:江畑敬介
      第3節 心理的視点:野中 猛
      第4節 社会的視点:新保祐元

    第4章 回復と支援のプロセス

      第1節 回復と支援のあり方:東 雄司
      第2節 疾病の回復過程:臺  弘
      第3節 医療からリハビリテーションへの移行:安西信雄
      第4節 回復の促進因子と支援プロセス:野田文隆
      第5節 ライフサイクルに応じた回復目標:内藤 清

第Ⅱ部 精神障害リハビリテーションの方法と展開

    第5章 精神障害者の実態とニーズ

      第1節 総説:ニーズ評価の必要性とその方法:大島 巌
      第2節 精神障害者の実態:精神障害者の困難状態と援助必要性:大島 巌
      第3節 ニーズ評価と援助資源の必要推計:大島 巌

    第6章 評 価

      第1節 評価の目的と意義:丸山 晋
      第2節 精神症状評価尺度:熊谷直樹
      第3節 社会生活評価尺度:岩崎晋也
      第4節 生活技能評価尺度:皿田洋子
      第5節 職業能力評価尺度:松為信雄
      第6節 主観的QOL評価尺度:角谷慶子

    第7章 リハビリテーションサービス

      第1節 リハビリテーションの視点:猪俣好正
      第2節 医療的支援:小川一夫
      第3節 居住支援:門屋充郎
      第4節 就労支援:相澤欽一
      第5節 地域生活支援:上野容子
      第6節 仲間による支援:ピアカウンセリング:宗像利幸

    第8章 支援技法

      第1節 援助技法概論:池淵恵美
      第2節 アクティビティを用いたアプローチ:作業療法の視点:荻原喜茂
      第3節 生活目標とそのアプローチ:長谷川憲一
      第4節 認知行動的アプローチ:池淵恵美
      第5節 心理教育的アプローチ:伊藤順一郎
      第6節 集団を用いたアプローチ:窪田 彰
      第7節 就労支援の技法:倉知延章
      第8節 ケアマネジメント:齋藤敏靖
      第9節 チームアプローチ:山根 寛

    第9章 リハビリテーション資源

      第1節 リハビリテーション資源の形成と発展:渡嘉敷暁
      第2節 資源活用と現在の課題:竹島 正

第Ⅲ部 精神障害リハビリテーションの実際【事例編】

    第10章 精神障害リハビリテーションの実際【事例編】

      第1節 病 院:浅井邦彦
      第2節 デイケア:古屋龍太
      第3節 生活訓練施設(援護寮):蟻塚亮二
      第4節 保健所:大石信弘
      第5節 地域障害者職業センター:倉本義則
      第6節 地域複合施設:八木原律子
      第7節 精神障害者地域生活支援センター:日野田公一
      第8節 授産施設:石神文子
      第9節 小規模作業所:庄司 完

    終  章:岡上和雄