成田善弘著

セラピストのための面接技法 POD版
精神療法の基本と応用

A5判 230頁 定価(本体4,500円+税) 2015年10月刊



ISBN978-4-7724-9023-8

 本書は,臨床心理士や精神科医をはじめ,心の臨床に携わる専門職の人々のために編まれた著者最新の臨床論文集である。
 さまざまな病態に対する臨床医としてのかかわりから生まれた介入の技術が全編にわたって紹介されている。力動的個人精神療法を基礎にした著者の技法は,内面への関心,了解,共感,関与といった基本的要素を押さえた上で,学派を超えた日常臨床の中での一般的心理療法へと発展している。臨床家としての姿勢,態度,診断と見立て,共感と解釈など,診断面接の留意点をわかりやすく解説,精神療法家がめざす現実適応のための援助技法,よりよいクライエントと治療者の関係を築くための実践方法を身につけるために最適の指導書となろう。

おもな目次

    第Ⅰ部 精神療法の構造と過程

      精神療法の基本的要素
      診断と見立て
      共感と解釈――患者と治療者の共通体験の探索
      転移/逆転移――役割からの逸脱と再統合

    第Ⅱ部 精神療法の経験

      強迫性障害の力動的精神療法
      境界性人格障害への援助
      境界例の不安
      抑うつと心的外傷
      身体症状をもつ患者への精神療法について
      心身医学における身体の意味について
      腎移植をめぐる患者心理と家族内力動

    第Ⅲ部 精神療法の教育・訓練

      スーパービジョンについて――私の経験から
      心身医学の講義を聴いた女子大生の反応から
      事例報告をどう書くか
      病院における臨床心理士の役割と貢献
      精神科臨床と臨床家教育の経験から