精神障害とリハビリテーション 第9巻第1号

特集 精神障害リハビリテーション過程にそった課題の解決


B5判/96頁/定価(本体1,500円+税) 2005年6月刊

巻頭言

ソーシャルワーカーにスーパービジョン制度を:石神文子

特集 精神障害リハビリテーション過程にそった課題の解決

【特集にあたって】リハビリテーション過程の実践:野中 猛
住まいを得る:関口暁雄
日々の暮らし:栄セツコ
遊ぶ・働く:楜澤直美
リカヴァリを促す人の支え:半澤節子
症状・障害とつきあう:天笠 崇

■奨励論文

医学モデルからリハビリテーションモデルへ:アメリカの脱施設化にみるコミュニティ・ケア実践とパラダイムシフト:江間由紀夫

■特別寄稿

統合失調症の症状自己対処:仲間集団での認知行動プログラム:池淵恵美・向谷地生良

■日本精神障害者リハビリテーション学会第12回大会報告

第12回日本精神障害者リハビリテーション学会前橋学会を開催して:三國雅彦
日本精神障害者リハビリテーション学会第12回大会報告:シンポジウムⅠ
    1.イントロダクション:心のバリアの所在と認知障害:椎原康史
    2.統合失調症の認知障害の臨床:水野雅文
    3.統合失調症における認知機能障害の回復と脳機能:福田正人
    4.メンタルヘルス・リテラシーと「心のバリアフリー」:丹野義彦
    5.統合失調症の認知障害と就労:兼田康宏・Lee, M.A.・Park, S.・Jayathilake, K.・Meltzer, H.Y.
    日本精神障害者リハビリテーション学会第12回大会演題一覧

■研究報告

精神障害者小規模作業所の理念に「リカヴァリー」を導入する意義:加藤欣子・加藤春樹・中村恵見・木下 巌・向  寛
患者の主観に現れる統合失調症の生活障害:スタッフによる評価と比較して:小山裕子・山田純栄・鈴木國文

■図書紹介