精神障害とリハビリテーション 第11巻第2号

特集 障害者自立支援法をどう展開させるか


B5判/100頁/定価(本体1,500円+税) 2007年11月刊


巻頭言

現代社会の光と陰:現代社会のニーズに応える必要がある:榎本 稔

特集 障害者自立支援法をどう展開させるか

特集にあたって:田中英樹
【座談会】どうなる? どうしたい? 障害者自立支援法:長尾卓夫・尾上義和・桜庭孝子・加藤房子・黒川常治・伊勢田堯・田中英樹(司会)
障害程度区分のあり方:ICFの視点から考える:長崎和則
障害者自立支援法時代における精神障害者就業支援の方向性:倉知延章
障害者自立支援法「時代」の精神障害者地域生活支援「施設・事業」:武田廣一
障害福祉計画と改革ビジョン,障害者計画:竹島 正
自立支援医療(精神通院医療)の現状と課題:精神保健福祉法第32条から障害者自立支援法第58条へ:山下俊幸
障害者自立支援法における相談支援事業の現状とその方向性を探る:永山盛秀

奨励実践

ミラソル式就労支援:東金城彰一

奨励論文

精神障害者ケアマネジメント10年の歩み:文献研究から見たわが国の精神障害者ケアマネジメント:冨成一也

研究報告

精神科病院長期入院患者の身体能力およびその関連要因:岩井和子・山田和政・梶野しず江・宮田しのぶ・粕谷信子・長岡美月・掘口亜由美・山田香代子

実践報告

長期入院慢性統合失調症患者の一人暮らしへの過程を支える要因について:医師−患者関係を中心にして:丸山公男
就労支援における働くことの意味:事業所実習を実施した2事例:埜崎健治

海外の事情

オーストラリアの精神保健事情視察研修報告:香山明美

追悼

岡上和雄先生のご逝去を悼む:田中英樹

最近の主要な論文